レアル・マドリードの今シーズンのアシスト

動画を見る

ベイル、ベンゼマ、バラン、カルバハルがチームの6点中4ゴールをアシストした
リーガ開幕からの3試合でレアル・マドリードは常に得点を記録し、合計6ゴールをマークしている。その内4ゴールでアシストが生まれており、ベイルベンゼマバランカルバハルがその選手たちとなった。

ベイルベンゼマはゴールを決めているだけでなく、バライードスで行われたリーガ開幕のセルタ戦でアシストも記録。ベイルは先制点でベンゼマに決定的なパスを送った一方、ベンゼマはルーカス・バスケスの3点目をアシストした。続く第2節では天才的なプレーでリーガ150ゴールをマークしたベンゼマバランがアシスト。そしてビジャレアル戦ではヨビッチの鮮やかなヒールパス後に、カルバハルがベイルの先制点をアシストしている。