EmiratesAdidas
Getafe - Real Madrid

1-2: クリスティアーノ・ロナウドのゴールでヘタフェ戦勝利

ギャラリーを見る

マッチレポート | 14/10/2017 | Alberto Navarro | 写真: Antonio Villalba y Helios de la Rubia

ベンゼマが先制点をマーク、ホルヘ・モリーナが同点としたあとポルトガル代表選手がリーガアウェー13連勝となる決勝点
  • リーガ
  • 8節
  • 土, 14 10
コリセウム・アルフォンソ・ペレス
1
2
レアル・マドリードがコリセウム・アルフォンソ・ペレスで価値ある3ポイントを獲得した。クリスティアーノ・ロナウドが85分に挙げたゴールが、ジダン監督のチーム指揮100試合で勝利をもたらした。チームはリーガで史上初めてアウェー13連勝を達成した。

後方で守りを固めるチームに対しロス・ブランコスは先制する前に決定的な2つのチャンスを手にした。11分、PKスポットでベンゼマがゴールを背にボールを受けクリスティアーノ・ロナウドへパス。ポルトガル代表選手のシュートはGKグアイタが好セーブで防いだ。36分にも同じ顔ぶれで得点機を迎える。ロナウドのヒールパスでフランス人選手が左足のシュート。ただ相手選手に当たりゴールをわずかに捉えなかった。

先制点
ベンゼマ―クリスティアーノ・ロナウドの連携から決定機が何度も生まれていたが、この日負傷から先制復帰したフランス人選手が39分に先制点をもたらす。そのうえ美しささえあるプレーから生まれたものだった。ベンゼマはスライディングを仕掛けるカラをドリブルで交わし、ゴール右隅にシュートを突き刺した。

ベンゼマが怪我復帰を自ら祝うスーパーゴールをマーク

後半の立ち上がりは最悪なものだった。ヘタフェは56分、ホルヘ・モリーナがオフサイドの位置から同点弾をマーク。残り30分で試合は振り出しへ戻った。10分後に再びリードを奪えるチャンスがあったがクリスティアーノ・ロナウドのシュートは枠を捉えなかった。ジダン監督は72分、ルーカス・バスケスとマルセロに替えてイスコとテオをピッチへ送り込んだ。

クリスティアーノ・ロナウドが決勝点
2選手の登場から間もなくフリーキックからマドリードが再びチャンスを掴んだが、クリスティアーノ・ロナウドがゴール前で好機を生かせなかった。ヘタフェも80分に絶好機を得たが、アランバリはカシージャの壁を崩すことはできなかった。
決勝点はその5分後。イスコが相手守備ラインの後方にスルーパスを供給、走り込んだクリスティアーノ・ロナウドがジダン監督のレアル・マドリード指揮100試合に勝利をプレゼントするゴールを突き刺した。チームはこのあと火曜日に行われるチャンピオンズリーグのトッテナム戦に向け意識を集中させる。

検索