EmiratesAdidas
Los Angeles

アメリカのレアル・マドリードペーニャ

動画を見る

ニュース | 21/07/2014

クラブには米国の地に9つのファンクラブを抱えている。その大多数はチームがここ数年間、夏に訪れていることにより増加した。
アメリカはアメリカ大陸で最もレアル・マドリードペーニャ(サポータークラブ)の多い国である。それに続くのがベネズエラで4ペーニャ存在する。アメリカサッカーの成長、および最近のリスボンでのチャンピオンズリーグのデシマ達成によるロス・ブランコスのユニバーサルな人気が、アメリカでのサッカーへの大きな関心を起こすこととなった。

アメリカにはロサンゼルス、スル・デ・カリフォルニア、ニューヨーク・シティ、レアル・マドリード・マイアミ、エル・ニーニョ・デ・マイアミ、ウィンディー・シティ、ラ・カサ・ブランカ・ワシントン、テキサスのレアル・マドリード 、ペーニャ・マドリディスタ・デ・アトランタの9つのペーニャが存在する。会員数が最も多いのはペーニャ・マドリディスタ・デ・ロサンゼルス(500人)である。彼らはチャンピオンズリーグ決勝の時、セルヒオ・ラモスのゴールを一緒に経験した。

全てのペーニャはそれぞれの本部でレアル・マドリードの試合を観るため定期的に会合を開いている。さらに、マドリディスモを促進し、SNSを使って新たな会員を獲得するため、様々なイベントを行っている。

昨年のプレシーズンの初めにレアル・マドリードがUCLAを訪れた際、多くのペーニャがフロレンティーノ・ペレスをホテル・ビバリーヒルズで歓迎した。会長はクラブへの無条件のサポートを感謝する記念プレート、トップチーム全選手サイン入りユニフォームを与えていた。
検索