EmiratesAdidas
Real Madrid - Barcelona

マルセロ:僕らは最後まで戦ったけど1人少ない状況はとても難しい

ニュース | 23/03/2014

「僕らがうつむくことは無く、セビージャ戦は別にある最後の戦いで、どうしても勝たなければならない」とブラジル人選手は話した
マルセロはバルセロナ戦に90分プレーし、タイムアップのあと試合についてそしてリーガの優勝争いについて話した。「僕らは最後まで戦ったけど1人少ない状況はとても難しい。同じミスを繰り返さないために自分たちが犯したミスを確認する。僕らがうつむくことは無いし、まだ試合はたくさん残っている。もしバルセロナに勝っていたとしてもリーガの優勝が決まるってことにはならなかったし、彼らが偉大なチームだってことは分かっていた」

「僕らは監督に求められたことをやるよう努めた。すべての試合で良いプレーをすることはできないし、ディフェンスがいつも無失点で防ぐことも不可能。僕が審判について話すことはない。だってその必要がないんだから。1人少ない状況で僕らは難しい状態になったけど、リーガはまだ先が長い」

「僕らは次、セビージャのピッチで勝利するよう取り組んで行く。今日僕らがどんなミスをしたのかそれを繰り返さないために確認しなければならないが、これは別の試合であり別の最後の戦い。どうしても勝たなければならない」

ベンゼマ:僕らは結果に落胆している
バルセロナ戦で2得点のドブレテを記録したベンゼマがクラシコのあとメディアの前で話した。「僕らは結果に落胆している。3点を取り、試合をコントロールしていたのに。バルセロナがそれを手にしていないときは彼らにとってすごく難しいことで、僕らはとても良い試合をした。バルセロナはいつでもボール支配をしていて、僕らはそのチームを相手にプレースタイルを合わせ前進して行った。僕自身2点を決めたけどそれはどうでも良いこと。大事なのは結果」

「ネイマールに対してセルヒオがペナルティーに相当する反則をしたのかは分からないし、その後のレッドカードを受けて11人を相手にするのはとても難しいこと。いろんな場面があった夜で、今は次にセビージャから勝利するようやって行く。シーズンのこの場面まで来ればすべての試合が最後の戦いで、最終節にアトレティコ対バルセロナがあるっていうのは分かっているし、僕らは自分たちが勝つことだけを考えていかなければならない」 
検索