LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Athletic-Real Madrid

アンチェロッティ:「すべての大会に勝利したいから痛みがある」

ニュース. 03/02/2022

「この敗戦から得うる結果は我々をより強くするということ」と指揮官

コパ・デル・レイ準々決勝のあとカルロ・アンチェロッティ監督がサン・マメスの記者会見場に姿を見せた。指揮官はこう話した。「自分たちが戦う大会すべてに勝利したいので我々には痛みがある。我々はスーパーカップを勝ち取り別の2大会で良い位置にいてこの敗戦の影響を受けるとは思わない。この敗戦から得うる結果は我々をより強くするということ。難しい試合になるということは分かっていて、我々には複数の欠場選手がいた。ビニシウスJr.はできる限りのことをし、相手は彼に大きな圧力をかけて行ったがそれは起こり得ること」。

「私は疲れからクロースカマビンガビニシウスJr. イスコを交代させた。まだ交代が残っていて延長に選手交代を考えていた。不運なことに最後の1分で相手が得点し他の選手たちを送り込む時間がなかった」。

アザールとベイル
「言うことは無い。なぜ君はベイル、アザール、ヨビッチのことを言うの?どうしてセバージョスカルバハルのことを言わない?プレーしなかった選手たちは罰を与えられていなければならないんでしょ?その3人だけでは無い。何も無い。私はこの選手たちを巻き込まないと言う決定をしたが、率直なところ1分もプレーしなかったセバージョスのことを話さなければならないし、ベンチにいた選手の中ではバジェホも同じレベルのところにいる」。

「試合展開で私が驚くことはなかった。本当のところ前半アスレティックの方がより攻撃していたが、多くチャンスは作らず我々はとても良い形で守った。他の試合との違いは、彼らのプレッシャーから我々が後方がら出て行けなかったということ。クルトワカゼミーロを利用して内部からより多くボールを持っていたので我々は過度に外側からプレーした。アラバルーカスを使いサイドからボールを出した時、そこにはプレッシャーが届いていた。我々は前半の最後に中でボールを持つように取り組んだが、自分たちが望んでいたような展開にはならなかった」。

偽の9番
「実際のところ我々はセンターFWを置いてプレーしていない。カリムのようなレベルの高い選手はおらず、彼はポゼッションで大きな手助けをしていて、それはアセンシオロドリゴイスコを起用しても起こり得ることだった。試合プランは変わっておらず、我々は後方からボールとともに先を進む取り組みをしていた。相手は我々に大きなプレッシャーを掛け、それは我々により決定的なチャンスを作るのを難しくした。アスレティックが仕掛けたプレッシャーはとても大きく、この点で我々は難しさがあった。試合の鍵はその辺りだった」。

「70分でプレッシャーが弱まり、試合はコントロール下にあった。延長戦に入ることは我々にとって有利になるかもしれなかった。なぜなら相手はとても大きなフィジカル消耗があり、延長で我々がより多くのチャンスを得られるかもしれなかったから。不運なことに相手が得点し、我々は大会敗退した」。

今季最悪の試合?
「ノー、全くそういうことは無い。アスレティックとの試合は難しいものにあると言うことは分かっていて、厄介なのものになった。リーガでは勝ったが、その時も難しい戦いだった。今日の試合は最後の1分まで接戦で、アスレティックがした取り組みは勝利にふさわしかったが、我々がシーズン最悪の試合をしたとは思わない。ノー」。

検索