EmiratesAdidas

レビュー. 27/10/2021. Alberto Navarro. 写真: Antonio Villalba, Helios de la Rubia y María Jiménez

レアル・マドリードは勝ち点3を獲得するチャンスを作るも、サンティアゴ・ベルナベウで勝つことができなかった

レアル・マドリードがオサスナ相手にゲームを支配しチャンスを作りながらもゴールを決められず、サンティアゴ・ベルナベウで引き分けた。最初のチャンスは22分にアセンシオのドリブルによるカウンターから生まれたが、カマビンガの右足のシュートはサイドネットに飛んでいった。

その2分後、オサスナのペナルティエリア内で物議を醸し出すプレーを起こる。ビニシウスJrがトロに足を踏まれるも主審はPKの笛を吹かなかった。そして30分が経過し、ミリトンがペナルティエリア外から強烈なシュートを放つもエレーラのパンチングで防がれた。その1分後、今度はビニシウスJrが左サイドでボールを受けカーブをかけたショットを放つが、わずかに枠を捉えられなかった。

ビデオ.0-0: オサスナ相手に引き分け

アンチェロッティ監督はハーフタイム後、カマビンガに代えてロドリゴを投入する。一方、オサスナは50分にカウンターから決定的チャンスを作るが、モンカヨラのゴールエリア内からのシュートはクルトワの守るゴールの右ポストに直撃した。試合はよりハイテンポになり、レアル・マドリードは相手ペナルティエリアに容易に迫っていく。そして61分、ベンゼマがペナルティエリア内でのドリブルで2人をかわしゴールチャンスを作るも、左足のシュートはクロスバーを直撃した。

レアル・マドリードはオサスナのペナルティエリアを包囲し、相手のディフェンスラインは徐々に後退していくも守備の仕事が非常に素晴らしかった。またカゼミーロが81分にエレーラを脅かしたが、中盤からのロングシュートはわずかに枠に飛ばなかった。またその7分後、マルセロにもビニシウスJrとの連携からゴールチャンスが訪れたが、GKとの1対1を制することができなかった。試合で失われた時間を考慮すると少なかった後半アディショナルタイムにもレアル・マドリードはオサスナゴールに迫り続けたが、最後までゴールという自分たちの成し遂げたことに相応しい報酬を手に入れることができなかった。

順位表

年表

審判

ソト・グラード(ラ・リオハ州協会)、副審1:デ・フランシスコ・グリジャルバ、アルバレス・フェルナンデス、第4審判:ムレサン・ムレサン、VAR 審判:クアドラ・フェルナンデス(バレアレス州協会)

検索