EmiratesAdidas
Más de 2.000 menores vulnerables son atendidos por la Fundación Real Madrid en Asia

レアル・マドリード・ファンデーションが援助のないアジアの2000人以上の若者にサービス提供

ニュース | 06/08/2021

8か国の22の社会スポーツスクールは、教育、医療、栄養、スポーツの価値を享受している
各国でのパンデミックと健康対策の違いは、テレマティック活動と対面活動を組み合わせる術を知っているため、予想を超えるレアル・マドリード・ファンデーションの社会的介入の成果が出ている。アジア太平洋地域では、直接的な活動は通常時で中国、カンボジア、オーストラリアで行われており、一方インドでのパンデミックの拡大は、プロジェクト推進と、オリンピックを開催している日本のモビリティ制御のブレーキとなり、また社会スポーツセッションの継続を難しくしている。

深刻な経済問題がパンデミックと重なっているインドでは、受益者とその家族へのサービスの取り組みは、レアル・マドリード・ファンデーションの地元パートナーであるカルカッタの母子研究所、ROADIS、およびエスペランザイアレグリア財団との連携によって模範的なものになっている。 
 
スクール
バッタンバン・スクールは、SAUCEと協力し、Global Football Management(グローバル・フットボール・マネージメント)の支援を受けており、プノンペンでSMARTと協力しているPor la SonrisadeunNiño(PSE)と協力して、社会教育を発展させ続けている。カンボジアでの献身的な活動。 同様に、フィリピンでも、この地域の財団のパートナーであるFundaciónSantiago、FundaciónRoxas、NGO Anakkの模範的な活動が、FundaciónMapfreの支援を受けて続けられている。

8か国で33に登るプロジェクトと活動が行われ、4,158人が直接的な支援を受けている

オーストラリアでは、ウェリントン高校とのプロジェクトの継続に加えて、ニューサウスウェールズ州の教育省との若い難民の統合のための新しいプロジェクトの作業が開始された。 学校が金寨大学で開発されている中国では、ファンデーションは全国の上海ベリタスとクリニックを祝うための大きな合意に達した。 そして日本では、技術改善学校が選手村に本部を開設し、6000人以上の未成年者がさまざまな社会教育活動に参加している。

教育と価値観
アジア太平洋地域には22の社会スポーツスクールがあり、7か国に2000人以上の学生がいて、レアル・マドリード・ファンデーションとともに教育、医療、栄養、スポーツの面で価値のあるサービスを提供している。 これらに加えて7つのクリニック、キャンパス、3つの教育プログラムのお祝いが追加されます。 8か国で33のプロジェクトと活動が行われ、4158人が直接的な支援を受けている。

検索