EmiratesAdidas
El izado de dovelas de la nueva cubierta

工事の進捗状況:新しい屋根の迫石の引き上げ

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 01/08/2020

カステリャーナからパドレダミアンまでの2本の斜張梁の複合金属構造が設置された
21世紀のサンティアゴ・ベルナベウの工事が続けられており、最近数日では新たな屋根の建設の最も象徴的なものの1つ、迫石の引き上げに取り掛かっている。

新しく設置される固定式および格納式の屋根は、将来のサンティアゴ・ベルナベウの前衛的な特徴となる重要な要素であり、固定構造ですべての場所を保護し、格納式の部品でスタジアムを保護する。

その建設のため、東から西、つまりパセオ・デ・ラ・カステリャーナからパドレダミアンまで続く2つのせり枠または桁で構成される金属構造が設置されている。それら1つ1つの長さは176メートルで、カステジャーナの2つの塔と以前パドレ・ダミアンの塔があった場所にある2つの支柱によって支えられる。これらの4つの地点から迫石が引き上げられ、主要な迫石によって中央に結合される。
 
据え付け工事
迫石は地面に設置され、4つの柱となるポイント近くのそれぞれからクレーンで吊り上げられる必要がある。各迫石の正方形セクションのサイズは6メートル四方で、長さは6-18メートルの間で変化する。その重量は、最小の33トンから各主要ポイントで引き上げられる最初の迫石である213トンで大きく異なる。
検索