EmiratesAdidas
Real Madrid - Mallorca

ジダン:「4連勝で、チームがやっていることは簡単なものではない」

ニュース | 24/06/2020

「守備的にセルヒオ・ラモスはまた進むべき道を示し、攻撃面では彼のゴールを嬉しく思う」と監督
レアル・マドリード対マジョルカ戦の後、ジダン監督がアルフレッド・ディ・ステファノの記者会見場に姿を見せ、チームの働きぶりを評価した。「我々はボール保持を必要としている。選手の配置は私にとって最も重要ではなく、それはピッチでボールを持って何をやるかということ。我々はより良い形でそれをやることが可能だが、私は今日見たものに満足していて、選手たちがやっていることは簡単ではない。4連勝だが、今日特筆すべきは全員が守備の手堅さを示したこと。攻撃的には我々はより良いことができ、今後それをやるように努める」。

「今日我々は少し疲れた形で1日を終えるが、それはレアル・マドリードだけではなく全チームがそう。ちょっと特別な状況で、60日が経過したあと暑さの中で練習に戻った。しかし我慢しなければならないし、選手たちに対し注意を払わなければならない。だけど我々は力強く続けて行きたいと思っている」。

ラモスのゴール
「重要な彼のゴールを喜んでいる。彼が我々のキャプテンであり、リーダーだというのは分かっている。彼は守備的に改めて進むべき道を示し、攻撃的には彼のゴールを私は喜んでいる。彼はフリーキックの練習をしていて、それは彼にとって、また我々にとって満足感。セルヒオはここの選手。もう何年もここにいて、ここで引退すべき。私はそう思うし、この先もずっとそう言うだろう」。

ビニシウスJr.
「常にではないが、ほぼそれに近い形で我々はシュート練習をしている。時間があるときにはゴール前での練習ができる。それは普通のことで、それはビニシウスJr.も全員の選手と同じ。私は監督で、我々はどれか特定の試合ではなく試合の準備をする。詳しいことはロッカールームにとどまる。大事なのは我々が良い形で物事をやっているということ。これで4勝で、同時に試合をこなして行く中で我々は少し疲れているということも分かっている。良い形で疲労を回復し、次の試合のことを考えなければならない」。

守備
「シーズン序盤、バランはチーム全体と同様に素晴らしかった。守備で我々はラ・リーガを勝ち取るのはとても難しいと認識し、ピッチにいるときにはしっかりとした努力をしなければならない。守備陣は継続的な努力をして来ていて、これを続けなければならない。7つの最後の戦いがあり、細部を気にかけ、シーズンの最後まで良い仕事をするようやって行く」。

ラ・リーガを勝ち取るのはとても難しいと認識し、しっかりとした努力をしなければならない

「我々は全員が大体同じ。大事なのは我々は4勝しているが、それは選手のおかげ。我々は良い練習をしていて、いつでもより多くのものを望んでいる。選手たちの姿勢は素晴らしく、試合に出ていない選手もそうで、それがロッカールーム内にある違い。我々には7つの最後の戦いが待っていて、選手たちは良い形で疲労回復し、今我々がやっていることを続けなければならない。我々はまだ何も勝ち取っていない」。

好調クルトワ
「最初の試合ではない。彼は全ての選手たちと同様に良い調子。我々にとってすごく大事なボールのフィードなど良い状態だと見ている。好調を続けなければならないし、他のことは言えない。全ての選手の重要性を分かっていて、ティボはGKとしてその中の1人」。

ベイル
「我々は彼がやっていることに満足していて、ガレスは重要な選手で、常にそれを証明して来ている。大事なのは我々がやっていることをやるということ。選手を替えているが大事なのは流れを変えないこと。いつものことながらより出場時間の長い選手たちがいるが、しかしそれはいつでも起こることで変わることはない」。

ハメス
「彼は他の全員と同じ。彼が他の選手と同様に出場したいと願っていることは知っているが、それは決定によって決まることで私はレアル・マドリードの監督としてそれをやる。それとは何の関係もない。ある日はハメス、別の日はガレス、まだ別ではイスコになる。君たちはいつでも1人を挙げるが、それが我々がやっていることを変えることはない。なぜなら1人1人が力を尽くすことこそが大事。私は君たちが新聞の1面で展開したいことに首を突っ込むようなことはしない」。

久保
「とても良い。彼は素晴らしい試合をした。彼がどういう選手なのか我々は知っていて、今日それを証明した。とても器用な選手で、常に相手ゴールへ向かい、彼の試合に私が驚くことはない。この先どうなるか見て行く。今我々が気にかけるのは、ここにいる選手とともに何をするかということ」。

検索