EmiratesAdidas
Lorenzo Sanz y Florentino Pérez

ロレンソ・サンス氏についてフロレンティーノ・ペレス会長の声明

ニュース | 22/03/2020

まず最初にご家族、マリ・ルスさん、ご子息であるロレンソさん、フランシスコさん、フェルナンドさん、マルラさん、ディアナさんとお孫さんのほか、ご友人や近親の方々に対し痛みを共に分かちたいという私の意思を示させていただきます。

我々が直面しているこの状況というのはとても残酷なもので、ここ最近我々が仲間と共に過ごすのを妨げておりそれは本当に苦しく、悲しいものです。当然のことながら私は全ての人たち、家族と同様にこのひどいドラマに直面しています。様々な人たちに対する私の連帯の意思を表明したいと思います。 

我々は最悪の悪夢の中でさえ想像していなかった時期を過ごしています。

今日、この悲劇の犠牲となったロレンソ・サンス氏の生前の姿を我々は思い出しています。彼は、32年という長い間にマドリディスタが待ち望んでいたチャンピオンズリーグ優勝をもたらした会長です。マドリディスタは、1998年5月20日アムステルダムで我々に改めて希望と喜びをもたらした会長として彼のことを思い出し続けるでしょう。

セプティマ(7回目の欧州制覇)が到来。また2年後の2000年にはオクターバ(8回目の欧州制覇)がもたらされ、レアル・マドリードはその歴史にふさわしい位置に返り咲きました。

2度の欧州での大会制覇のほか、同会長の任期中にクラブはインターコンチネンタル杯、リーガ、スペインスーパーカップ、バスケットボールでもリーガ、欧州レコパ杯をそれぞれ1回勝ち取りました。

同氏が会長を務めた5年で、我々はサポーターが愛して止まない欧州大会で改めて偉大な存在となり、忘れられないものになりました。彼と共にレアル・マドリードはその歴史と伝説を大きなものにし続けました。

私は最近数年、ロレンソ・サンスさんとその家族と共に愛情深い関係を築く幸運に恵まれました。特に最近我々が勝ち取った4回のチャンピオンズリーグ優勝など、最近数シーズンの偉大なタイトル全てを共有しました。彼はそれらを、チームと共に飛行機に乗り、我々と共に楽しむなど、我々と共にスタジアムで体験しました。 レアル・マドリードが勝利するたびに溢れるほど彼が喜んでいる様子を覚えています。

彼のファミリーであるレアル・マドリードが自身の希望であり、その人生の大半を捧げてきた偉大なマドリディスタが我々を置いて旅立って行きました。ロレンソの情熱は間違いなくレアル・マドリードで、その感情はこの数年彼の中で非常に確かなものとして生き続けていました。

クラブからは、全てのマドリディスモが望む顕彰をするため、彼の姿と彼の偉業にふさわしいあらゆることをするつもりです。ロレンソには偉大な再認識がされるべき存在です。

チームを感じられるため毎試合駆けつけ続けていたサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムでの顕彰。今それは叶わないものとなってしまいましたが、彼の思い出が新しい世代のマドリディスモに引き継がれるために取り組んで行きます。我々は適当な時期にそれを行い、特にスペイン人、そして世界の多くで展開している難しい時期が過ぎて欲しいと考えています。

ここ数日は間違いなく悲しい日々だということは承知していますが、我々が直面しなければならないこの奇妙な時間は、誰もが最後まで力強さと忍耐力、誠実さを示し続けるべきです。それがロレンソ・サンス会長も望んででいたことでしょう。 
検索