EmiratesAdidas
Real Madrid - Manchester City

1-2:レアル・マドリード、マンチェスターで逆転を目指す

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 26/02/2020 | Javier Vázquez

イスコが先制するも、マンチェスター・シティは事前のプレーでラモスにファールを犯したガブリエル・ジェズズの問題となるゴールとデ・ブライネのPKで逆転した
  • Champions League
  • ベスト16 (第1戦)
  • 水, 26 2
サンティアゴ・ベルナベウ
1
2
サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリード対マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦は激しい試合となった。キックオフ直後、ベルナルド・シルバが最初のシュートを打ったが、シティの激しいプレッシャーに対しレアル・マドリードは主導権を握り、ヴィニシウスJrを起用した左サイドからチャンスを作り始める。ヴィニシウスが突破を見せ、15分、最初のチャンスはバランのシュートだったが、枠を捉えられなかった。

マンチェスター・シティはガブリエル・ジェズスを通じて反撃した。ペナルティエリアに侵入しシュートを打つも、クルトワに防がれた。一方、ロス・ブランコスは30分に決定的なチャンスを掴む。メンディのクロスからのベンゼマのヘディングシュートがエデルソンに防がれた後、ヴィニシウスがシュートを失敗。マンチェスター・シティはハーフタイムをリードで迎えるところだったが、最後のCKでのゴールをラモスカゼミーロバルベルデが阻止した。

イスコのゴール
マンチェスター・シティは後半、いい形でスタートしたが、クルトワがマフレズのシュートをファインセーブし0-1のゴールを防いだ。そしてレアル・マドリードは反撃し、1時間が経過したところで先制点を記録する。モドリッチがシティからボールを奪った後、ヴィニシウスJrがフリーのイスコにパスをつなぎ、イスコが1-0にした。

このゴールがジダン監督率いるチームに拍車をかけ、グアルディオラのチームにダメージを与えた。スペースが生まれラモスに2点目を決めるチャンスが訪れたが(70分)、サッカーは予測不可能なものであり、5分後にマンチェスター・シティが逆転する。1点目は78分にガブリエル・ジェズスがヘディングシュートを打つ前にセルヒオ・ラモスにファールを犯した問題となるプレーで生まれ同点となった。そして83分、デ・ブライネがPKで2点目を記録した。86分にラモスが退場になったため10人で試合を終えたレアル・マドリードは、マンチェスターで逆転を目指すことになる。
検索