EmiratesAdidas
Levante - Real Madrid

ラモス:「決定的な週がやって来るだけにこれ以上なく強い状態でいなければならない」

ニュース | 22/02/2020 | Javier Vázquez | 写真: Antonio Villalba

「僕らはたくさんの決定的な得点機を作ったもののそれを生かせず、相手は1つだ毛のチャンスを最大限に利用した」とキャプテン
セルヒオ・ラモスがレバンテ戦の後メディア対応した。キャプテンはチーム状態についてこう説明している。「僕らはこの状態、結果と首位の座を守るための勝ち点3を取れなかったことを不快に思っている。チームは良い試合をし、1週間を通して準備したことをやったゴールが足りなかった」。

「今僕らはしっかり練習し取りこぼしをしないため、決定的な1週間が待っている。僕らは決定的な得点機をたくさん作り出しそれを生かせなかったが、相手は1度だけのチャンスを最大限に利用した、今僕らはこれまで以上に団結し、強くないといけない」。
 
得点機
「試合を見た人なら、結果は別として(内容で)満足するだろう。レアル・マドリードは素晴らしい試合をした。僕らはボールポゼッションを維持し、非常に快適さがなく激しいチームを相手に、スペースと決定機を作った。ゴールは決まらなかったが、重要な1週間で得点が生まれるよう練習して行く」。
 
議論を呼んだハンドのプレー
「この審判なら何が起きても不思議ではない。試合が終わったあと彼と話をした。開始10分でひじ打ちとタックルを受けたあとイエローカードをもらいありがたくない状況になったのだから気分が良くないままここを去ることになる。考えることはたくさんあるが、まるで事前に決まっているようだった」。

チームは良い試合をしたがゴールが足りなかった

「以前は審判と話すことができたから僕にとっては簡単ではない。相手への敬意と礼儀はいつも持っていないといけないし、何人かについては何も言うことができない。物事をより簡単にするためそういった敬意をキャプテンに対して持っている人というのは少ししかいないだろう」。

集中力
「腹立たしいし、だからこそ試合後に個人的なことであり話し合うことで解決できるのか質問した。とにかくチームを1人少ない状態にしないため集中力を継続しなければならないし、レッドカードを受けないように注意した。あったことを受け入れなければならないし、審判にもミスはある。できることなら次には僕らのメリットになるよう願いたい」。
 
マンチェスター・シティとバルセロナ
「僕らは大きな希望とともに向かって行く。僕らは腹立たしい状態でここを出て行く。首位から2位になるというのは難しい状況。上位にいるのはとても大変なことだが、次に向かっていかなければならない。チャンピオンズリーグを戦い、首位チームとのリーガ試合を戦うという魅惑的な1週間がやって来る。まずシティ、次にクラシコに勝って大きな一歩を踏み出す1週間になる」。
 
アザール
「悪い報せはアザールの怪我で、最初のそれのように重傷でないのを願っている。精密検査をすることになるし、できるだけ早く戦線復帰して欲しい。良い状態に戻りチームを助ける時になって別の怪我をしたことになる」。

検索