EmiratesAdidas
Valladolid - Real Madrid

0-1: バジャドリードに勝利、そして首位に

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 26/01/2020

ナチョのヘディングシュートにより勝利を挙げ、19戦連続無敗とした
  • リーガ
  • 21節
  • 日, 26 1
ホセ・ソリージャ
0
1
ホセ・ソリージャ・スタジアムが首位の座を賭けた戦いの場となり、マドリードはこの機会をしくじることは無かった。ジダン監督のチームはナチョのゴールにより勝利、リーガ首位に立った。マドリディスタスは勝利を狙って試合に臨み、早い時間帯から主導権を握ったが相手は非常に強いプレッシャーで対抗した。

開始10分、ロドリゴがホアキンの強烈なタックルを受けた。クロースのフリーキックをカゼミーロが頭で合わせたが、VAR判定でブラジル代表選手がオフサイドの位置にいたとして得点は無効になった。ホームチームは反撃に転じコーナーキックからのボールをクルトワが防いだ。激しさは失われることがなくメンディロドリゴがプレーに厚みを与え、また38分にカゼミーロがロングシュートを放ったが得点がないままハーフタイムを迎えた。

今シーズンここまでで18選手が得点を記録

後半に入りさらにギアを入れたことで得点チャンスが訪れる。カゼミーロがボールを運び、ロドリゴが左足でシュート。これをマシップが横っ飛びで防いだ。ラモスはコーナーキックからヘディングを放つも、これはチームが勝利への意思を示したといったところ。試合開始から1時間が経過したところではイスコがゴール正面からのFKを直接狙った。

生まれた決勝点
66分、ロドリゴがサイドでボールを持ち変えてクロス供給、ベンゼマのシュートはわずかにゴールポストの外を通過した。ルーカス・バスケスが投入されたことでジダン監督のチームはより縦への強さを増し、そのすぐ後に先制点を決める。78分、クロースがゴール前へクロス、ナチョがヘディングで合わせマシップの手が届かないところへ決めた。その後バジャドリードが試合終了まで引き分けを狙い、最終的には取り消しになったものの一度はゴールを決めた。それでもマドリードはリーガ首位に立ってホセ・ソリージャを後にすることになった。

検索