EmiratesAdidas
Rueda de prensa de Zidane

ジダン:「我々は素晴らしい瞬間を過ごしているので、バジャドリード相手にそれを継続したい」

ニュース | 25/01/2020 | Alberto Navarro | 写真: Antonio Villalba

「難しい試合に直面するので、我々は常に自分たちの最高の姿を示す必要がある」と指揮官は語った
ジネディーヌ・ジダン監督バジャドリードとの試合前日、シウダー・レアル・マドリードで行われた記者会見に出席し、ホセ・ソリージャで行われるリーガ第21節(スペイン時間:日曜日21時、日本時間:月曜日5時)を次のように分析した。「我々は素晴らしい瞬間を過ごしているので、自分たちのやっていることを継続したい。我々は3日おきに試合を戦ってており、自分たちの最高の姿を常に示す必要がある。それは明日も同じだ。我々はホームで1敗しかしていない相手と対戦するので難しいものになるだろう。我々がピッチで与えるものが明日分かるはずだ」

「全てのチームが勝利を目指しているし、各々が自分たちのやり方を選んでいる。我々には自分たちの形があり、各チームにそれぞれのやり方がある。他のチームがやっていることについて話すつもりはない。我々は全ての試合が異なることを理解しつつ、自分たちのやっていることを継続したい。明日いい試合ができることに集中する必要がある。私は選手たちと同じように日々100%の全力を尽くすことを目指している。最も重要なのは明日の試合であり、バジャドリード相手に自分たちがやることだ」

カゼミーロの素晴らしい瞬間
「先日2ゴールを決めたが、彼がペナルティエリアに足を踏み入れることに驚きはない。なぜなら彼はセビージャ戦のように前線に上がりそのポジションを見つけられる選手だからね。彼は重要な選手であるし、そのことを証明している。我々には25選手いて、全員が多くの試合で自分たちのことを重要だと感じなければいけない。我々は3日おきにプレーしているので、我々は全員を必要としている」

アザールの回復状況
「ボールに触り始めたばかりなので、いつ復帰できるかを言うことはできない。実質的に痛みはなくなっているし、月曜日からもっとボールを使って個人メニューを開始する予定だ。少しずつ良くなっていくだろうし、早く全体練習に復帰できることを願っている。なぜならそれはj彼にとって精神面でとてもいいものなるだろうからね。彼がいつ復帰するかを言うのはとても難しいが、我々は彼の回復状況に満足しているし、早く回復することを願っている」

ベイル
「我々は起用することを望んでいるし、それが彼や我々にとって最も重要なことだ。先日足首を痛めたので彼が一番満足していない。でも軽傷なのでバジャドリード戦後に我々と一緒にいられることを願っている。彼は我々と一緒にいること、そしてプレーすることを望んでいる。私は怪我をしている選手が常に心配だ。そのことが好きではないし、彼らが一番苦しんでいる。私は起用できる25選手を抱え、誰を起用するかで悩むことを望んでいる。足首の捻挫なのは朗報だ」
 

最も重要なのは次の試合であり、我々がバジャドリード戦でやることだ

ベイルは常にチームと一緒にいて試合に出たがっている。それは3日間の問題であり、全員にとっってそれほど悪いことではない。先日はゴールを決めたし、私は常に自分の選手たちを擁護するつもりだ。ここには素晴らしい流れがあり、選手全員がレアル・マドリードのエンブレムをできるだけ高く掲げることを望んでいる。私はそんなに悪いことだとは思わない。彼は怪我をしたが、怪我について何もできない。我々は今から彼がより継続性を持つことを願っているし、今後出場時間を得てチームのポジティブな流れに入るだろう」

ビニシウスJr
「19歳なので彼について慎重になる必要がある。彼は野心的にならなければいけないし、我々はそのことを制御するつもりはない。我々には25選手いるので、グループにいない時は他の選手が入っているからだ。彼は他のどのチームでももっと多くの試合に出場できる選手だが、彼がここでやっていることに我々は満足している。私の仕事は選択することだ」

オドリオソラのバイエルンへのレンタル移籍
「彼は私に退団することを求めた。我々はそのことについて話し、クラブとともに一緒に決定した。彼は向こうに行ったが、私は全てがうまくいき、出場時間を得られることを願っている。彼は素晴らしい選手だ。ここではあまりプレーできなかったが、我々は彼を戦力に考えている。彼はレアル・マドリードの選手であるし、チャンスを掴むだろう。現時点では向こうにいるので、私は多くの試合に出場できることを願っている」

ブラヒムとマリアーノ
「私は全ての選手と話しているし、各々が自分の状況を分かっている。その後で選手たちが選択する。もし言わなければいけないことがあればそのことを彼らに伝えている。今彼らはここにいるので、私はできる時は彼らを戦力に含むつもりだ。それはクラブ、監督、選手たちの決定だよ」

フランス代表
「私は今レアル・マドリードにいるし、ここにいられることにとても満足している。私には多くの仕事があり、全員がいいことをしようとと努めている。私の心配事は明日の試合だけだ。私は常に監督として向上し成長することに興味を持っている。私は好きなことに取り組んでいる。私は長年選手だったので、それは違うものだが、私が大好きな役割だよ。もしチームがいいパフォーマンスをすれば、私も素晴らしいことをやっていることになるし、その逆も同じだ。そのため言われていることに興味はないが、ゲームで競争力と安定性を持つため、私は自分の選手たちと一緒に仕事に取り組んでいる。我々はそのやり方を継続しなければいけないし、もしそれができなければ、再び批判されることになるだろう」

検索