EmiratesAdidas

Real Madrid - Sevilla

2-0:カゼミーロとモドリッチがレアル・マドリードの素晴らしい勝利を決す

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 19/01/2019 | Alberto Navarro

カゼミーロのゴラッソとモドリッチのゴールが、ロス・ブランコスのプレーを支えたベルナベウでセビージャ相手に勝ち点3をもたらせた
  • リーガ
  • 20節
  • 19/01/2019
サンティアゴ・ベルナベウ
2
0
レアル・マドリードはプリメーラ最高のチームのひとつであるセビージャに勝利し、最初から最後まで支配した試合でサポーターを納得させてリーガ後半戦をスタートした。結果はベルナベウのピッチ上でのお互いの功績に基づくと物足りないものだったが、2ゴールのうち最初のゴールは特に素晴らしいもので、カゼミーロが1-0にしたスペクタクルなロングシュートを観るためだけにチケット代を払う価値があった。

最初からボールを早く奪うためにハイプレスをかけ、献身的で支配者となったレアル・マドリードを観ることができた。そして最初の決定的チャンスは6分に訪れる。中盤でモドリッチがボールを奪い、ベンゼマがアシストし、ビニシウスJrがヴァツリークと1対1を迎えた。しかしGKにファインセーブされている。

さらなるチャンス
時間が経過してもホームチームの支配が継続したが、前半、クルトワとの1対1を決められなかったエスクデロのカウンターでアウェーチームが先制するチャンスを得た。最初の45分間はゴールが生まれずに終了したが、ハーフタイム前最後にチャンスを掴んだのもロス・ブランコスだった。しかし36分のベンゼマ、45分のビニシウスJrのシュートはともにヴァツリークにキャッチされた。

カゼミーロがスーパーゴールで今シーズンのリーガ初得点を記録

後半はレアル・マドリードのモノローグとなった。ホームチームがボールをキープしチャンスを掴んだ。しかし54分にカゼミーロ、その3分後にモドリッチがそれぞれペナルティエリア外からシュートを打つも枠を捉えられなかった。またモドリッチは58分にもゴールを狙い、ペナルティスポットからのシュートはサイドネットに飛ぶ前にセビージャDFに直撃した。

ロス・ブランコスの最高の時間帯
レアル・マドリードは最高の時間帯を過ごし再びチャンスが訪れた。ビニシウスJrの個人技からのシュートはわずかに枠外だった。ゴールが決まるのは時間の問題のように見え、67分のセバージョスのクロスバーを直撃する素晴らしいロングシュートでさらに近づいた。包囲は明らかとなり、74分にも再びチャンスを掴んだが、ただゴールだけが決まらなかった。ショートコーナー後のレギロンのクロスからカゼミーロがゴールをかすめるヘディングシュートを放っている。

セビージャは苦しみ続けた一方、ロス・ブランコスはその4分後にふさわしい褒美を手に入れることができた。カゼミーロが先制点となる30m近いロングシュートを決め主役となった。ヴァツリークはボールに触れるもそのスーパーゴールを防ぐことができなかった。そして後半アディショナルタイムにモドリッチがカリーソからボールを奪い、ヴァツリーク相手に試合を決める巧みなシュートを記録した。この日のレアル・マドリードベルナベウの観衆にとってとても魅力的だった。

Buscar