EmiratesAdidas

Real Madrid - Getafe

2-0: リーガ滑り出しで内容伴う勝利

ギャラリーを見る

マッチレポート | 19/08/2018

ベルナベウでのヘタフェ戦でカルバハルとベイルのゴールにより最初の勝ち点3がもたらされた
  • リーガ
  • 1節
  • 19/08/2018
サンティアゴ・ベルナベウ
2
0
レアル・マドリードベルナベウでのヘタフェ戦で内容伴う勝利を挙げ、リーガを滑り出した。ロス・ブランコスはキックオフから試合を支配、最初のチャンスまで着実にゲームを組み立てて行った。16分にマルセロが右足でクロス、ベイルが相手選手に競り勝ちパワフルなヘディングシュートでゴールバーを叩いた。ホームチームはその次の好機をモノにする。ウェールズ代表選手が左サイドからクロス、ゴール前で相手GKのソリアがボールを弾くと逆サイドでゴールエリアまで侵攻していたカルバハルがヘディングでゴールキーパーの頭上を越えるシュートを決めた。

そこから前半終了までヘタフェはほとんどマドリードのエリア内までたどり着くことができず、またマドリディスタの方も優位を保っていたものの点差を広げるには至らなかった。スコアが動いたのは試合再開から6分後。マルコ・アセンシオが相手DFのジェネにプレッシャーをかけてボールを奪うと後方にパス供給。ベイルが左足を振り抜きソリアの守るゴールを破った。54分には3点目のチャンスが。アセンシオが右足でパワフルなミドルシュートを繰り出したがゴールポストに当たった。

ベイルは最近3シーズンのリーガ開幕戦でゴール

4日前に延長戦まで戦ったことを考慮したロペテギ監督は58分、イスコに替わってカゼミーロをピッチへ送り出した。2分後にベンゼマアセンシオがコンビプレー。スペイン代表選手のシュートはソリアの手に収まった。ロス・ブランコスは引き続き攻撃を仕掛けたが、ヘタフェも反撃に転じ74分、逆サイドからのクロスにアンヘルが体を投げ出したがもう少しのところでボールに届かなかった。

手堅い試合運び
以上のプレーがレアル・マドリード戦でヘタフェが作り出した唯一の決定機と言えるもので、チームは無失点で試合終了を迎えた。リーガ開幕戦で勝利し、ロス・ブランコスはすに今季最初のアウェーゲーム、日曜(スペイン時間22:15、日本時間26日5:15)にあるモンティリビでのジローナ戦へと気持ちを切り替えている。

Buscar