1. Close
    リーガ14節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レアル・ソシエダレアル・ソシエダ
    試合情報
    リーガ, 14節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     11/23/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    ユーロリーグ8節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    バルセロナ・ラッサバルセロナ・ラッサ
    試合情報
    ユーロリーグ, 8節
      WiZink センター
     11/14/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    ユーロリーグ21:00レアル・マドリードvsバルセロナ・ラッサ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Real Madrid - Fenerbahçe

85-80: レアル・マドリードがデシマ達成!

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 20/05/2018

ロス・ブランコスがフェネルバチェを下し4年で2回目となるヨーロッパ王者に。ドンチッチがファイナル・フォーのMVP
  • ユーロリーグ
  • 決勝 (ファイナルフォー)
  • 20/05/2018
ベオグラード・アリーナ (ベオグラード)
85
80
レアル・マドリードがベオグラードでその伝説をさらに大きなものに。クラブ史上10回目となるヨーロッパチャンピオンとなった。最近4年では2回目のユーロリーグ制覇でもある。試合終了の最後の一瞬まで意地を見せた前回王者フェネルバチェを下しての優勝。組織プレーのエキジビション、連携の確かさ、キャラクターと団結力を披露しての達成だった。そのほかのやり方では不可能だったであろう偉業。コズール(17ポイント、評価21)に牽引され、15ポイント、評価17のルカ・ドンチッチがファイナル・フォーのMVPに選ばれた。

会場はイスタンブールではなかったが、ベオグラード・アリーナのスタンドは敵チームの黄色に染まった。レアル・マドリードはアウェー感に包まれた雰囲気の中で戦わなければならならず、フェネルバチェの試合プランはギリギリのプレーをするというものだった。しかしそれらもチームを驚かせるには十分ではなかった。トルコチームはアフメト(8)、カリニッチ(5)といった伏兵選手が得点していく。ただオブラドビッチ監督のチームの攻勢は5分続き(6−11)、その後はロス・ブランコスが3ポイントショットの精度の高さで試合を立て直して行った。

マドリードがペースアップ
ラソ監督のタイムアウトとルディリュルの出場がマドリードに力を与える。ディフェンスは相手チームと同様の激しさで対抗。準決勝で見せたうようにフェネルバチェ相手にリードを奪い6分間で16−1と圧倒、5回のスリーポイントショットのうち4回を決めて点差を最大にした(25−17、12分)。シオカスとメリがトルコチームに貢献して点差を縮め、ハーフタイムまで打ち合いを展開、38−40で終了した。

ルディがレアル・マドリードでの400試合でユーロリーグ優勝

非常に要求度の高い試合はリラックスの余地がまったく無く、マドリードはこの上ない集中力の高さを見せる。あらゆる面でセンセーショナルな第3クォ—ターとした。ワナマーカーを中心にサポーターを含めたフェネルバチェのプレッシャーはあったがペースダウンは全くなかった。この日素晴らしい出来だったコズールがチームを牽引するなか、すべての選手が役割を果たしていった。フランス人選手はマドリードが第3クォ—ターで挙げた25ポイントのうち12をマーク。その活躍とレジェスのゴール下の存在感で守備で相手チームに15ポイントを防いだ。これによりラソ監督のチームは第4クォ—ターで8ポイントのリードを手にした(63—55、30分)

チームの力
こうした戦い方を試合を通して展開、それがラソ監督のグループの成功のカギになっている。それはチームになるということ。1つのボール、1つのボール保持でマドリードは全力を尽くした。フェネルバチェは相変わらず強固なマドリード守備陣を崩すことができない。それを仕掛けていたのが良い動きを見せていたメリだったが、ロス・ブランコスは改めて反撃。リードを確かなものにしていく。タバレスがトルコチームの攻撃スタイルを変え、ドンチッチは試合展開をコントロール、トンプキンスキャロルがバスケット連携のエキジビションを披露した。キャロルの3ポイントでマドリードは35分で71−61とリードした。

コズールを先頭に冷静な試合運び
オブラドビッチ監督のチームはすべてを賭けて最後の最後まで戦い、試合終了22秒前のところで81−78まで点差を縮める。しかしデシマ達成までにはもう一踏ん張りが必要だった。トンプキンスのオフェンスリバウンドからの攻撃、コズールのフリースローが最終的にフェネルバチェを突き放しレアル・マドリードが苦しみながらもシーズン最後に夢を手にした(85−80、40分)。

1

スモールフォワード

7

ポイントガード

検索