LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Atlético de Madrid

セルヒオ・ラモス:自分たちが凌駕していた

ニュース | 08/04/2018

「チームはとても良かったし、勝利に相応しい試合をした」とルーカス・バスケス
アトレティコ・マドリードと引き分けた後、サンティアゴ・ベルナベウのミックスゾーンでセルヒオ・ラモスがメディアに応対した。「チームはほぼほぼ完璧な試合をした。だけど引き分けたから満足して家路にはつけない。自分たちが相手を凌駕していた。作ったチャンスを形にすることが出来なかった。けどサッカーはそういうもの、フィニッシュに関して精度は無かったけど、チームが得た手応えは良いものだ。歩むべき道を進んでいる」
 
クリスティアーノ・ロナウドは唯一無二のコンディションにあるけど、シーズン終盤には休むことが必要だ。交代を決めたとしたらそれがチームにとって最善だから。オブラクは素晴らしい試合をした。だが、ケイラー・ナバスも同じように素晴らしいセーブを見せていた。今日は両方のチームに素晴らしい守護神がいた」
 
審判
「審判の話をしても恩恵をうけることはない。試合後に話をするのは簡単なこと。得点を決める十分なチャンスを作った。だからクロースのPKに関しては結果にあまり関係ない。審判も間違う事はあるし間違うもの」
 

セルヒオ・ラモス:今はユベントスとの試合をベルナベウで戦い、勝ち抜きを決める番

 「ユベントス戦試合に出られないけど、どんな選手もこの手の試合の雰囲気は好きなもの。他の試合では感じることの出来ない気持が高ぶる試合だし、サポーターが自分たちを羽ばたかせてくれる試合だ。今はユベントスとの試合をサンティアゴ・ベルナベウで戦い、勝ち抜きを決める番」
 
ルーカス・バスケス:引き分けは妥当な結果じゃない
「チームはとても良かったし、勝利に相応しい試合をした。だから引き分けは妥当な結果じゃないと思う。アトレティコはとても良い守備をしていたし、今日はオブラクがとても良い試合をした。チームは良いプレーをしたし決定機を作り出していたけど、得点を決めることは出来なかった。チームの力になれたことに満足しているしこれからも監督が自分の力を信頼してくれることを期待している」
 
PKの可能性
「ダービーのような試合は審判にとって難しいもの。だから彼らを自分たちは落ち着いた状況にしたい。今不平を漏らしても何の役にも立たない。あのプレー、ゴディンは腕を広げるのを見ていないし、彼が歯を失ったシーンのがもっと大変だった。その後、足首を少しやってしまった。どのような回復をするかみないとね」
 
クリスティアーノ・ロナウド
「今、凄い状態にあるし、彼がチームの力になっていることに自分たちはとても満足している。この勢いを続けてほしいね。チャンピオンズリーグの試合はどの試合も難しい。全力を尽くさないといけないユベントスとの90分の戦いが残っている」

検索