EmiratesAdidas
Real Madrid - Borussia Dortmund

2-2: ドロー、そしてグループ2位で決勝トーナメントへ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 07/12/2016 | Alberto Navarro

ベンゼマがレアル・マドリードの2ゴールをマーク、チームはクラブ最高の34試合無敗記録タイに。月曜の抽選会で対戦相手が判明する
  • チャンピオンズリーグ
  • 6節 (グループリーグ)
  • 水, 07 12
サンティアゴ・ベルナベウ
2
2
レアル・マドリードがめまぐるしい展開のボルシア・ドルトムント戦を引き分けで終え、グループリーグ2位でベスト16に進出した。ロス・ブランコスの対戦相手は12日月曜日に行われる抽選会で判明することになる。試合開始から最初の30分はホームチームの独壇場だった。4分にシュールレが放ったシュートを除けば、あとのチャンスはすべてマドリードだった。最初の好機は10分。カゼミロがボール奪取、クリスティアーノ・ロナウドが敵エリア内まで持ち込んだボールをヒールでベンゼマにパス。コントロールのあとシュートまで行ったものの、ヴァイデンフェラーが得点を阻んだ。

ロス・ブランコスは攻撃を止めずファンを喜ばせた。8分、クリスティアーノ・ロナウドが素晴らしいボールコントロール、さらにエリア内で見事なパスを出したもののハメスのシュートは相手GKを破るには至らなかった。2分後再びコロンビア代表選手が見せ場を作りゴール前からシュートしたがヴァイデンフェラーが止めた。カゼミロがスペクタクルな出来を披露、中盤で主導権を握り、マドリードはスムーズにパス展開、敵エリア内まで頻繁に攻め込んで行った。

先制点
ゴールが生まれるのも時間の問題といった予感が漂うなか、実際にスコアが動いた。28分、カゼミロからカルバハルにパス展開、サイドバックの選手はゴール前に狙いすませたグラウンダーのクロスを供給すると、相手のマークを振り切り走り込んだベンゼマがこれを押し込んだ。素晴らしい試合をしていたレアル・マドリードに相応しい先制点がもたらされた。とはいえボルシアはセットプレーで挽回を狙う。39分、シュールレがフリーキック、きわどいシュートだったがケイラー・ナバスが横っ飛びでボールの進行を阻みコーナーキックへ逃れた。

ベンゼマが欧州大会で通算50ゴールを記録

後半の立ち上がりはヒヤリとするシーンがいくつかあった。48分にデンベレが個人技からシュートを放つもわずかにゴールの枠を逸れた。1分後にはゴンサロ・カストロがチャンスを得たが、エリア内からのシュートは枠外に飛んで行った。しかしその後点差が広がる。52分にカルバハルがサイドでボール奪回してクリスティアーノ・ロナウドにパスするとベンゼマがシュートしたが、またもヴァイデンフェラーが好反応を見せた。それでも続くプレーでハメスがクロスを上げると、ベンゼマがヘディングでボールをネットに突き刺した。

オーバメヤンが点差を縮める得点
ホームチームに落ち着きがもたらされたが、喜びは長くは続かなかった。ヴァイグルのロングパスから60分、シュメルツァーがパス。最後はオーバメヤンが最後の仕上げを担当した。まだ残り時間がかなりある状況。それでもロス・ブランコスは最終段階ですべてを決めるような展開は望んでいなかった。68分にはクリスティアーノ・ロナウドがゴール正面からスペクタクルなシュートをし、アウェーチームのゴールキーパーが最高のプレーでこれに対抗、コーナーキックへ逃れた。ハメスのパスからベンゼマがヘディングシュートを放ちベルナベウのファンは得点を確信したが、ロイスがゴールライン上でクリアした。

クリスティアーノ・ロナウドのシュートはポストが阻む
ロス・ブランコスは引き続きチャンスを手にしていた。79分にルーカス・バスケスのパスをクリスティアーノ・ロナウドが素晴らしいコントロール、ヴァイデンフェラーと1対1になりシュートを放ったがポストに当たった。1分後、ハメスのパスからラモスがヘディングシュートしたがアウェーチームのGKがビックセーブを見せた。そして訪れたのがドイツチームの同点弾。88分、オーバメヤンがカウンターの起点となり、ロイスがクロスに飛び込んで同点弾を決めた。レアル・マドリードは34試合連続負けなしとし、2位でグループリーグを終えることになった。対戦相手は12日月曜日の抽選会で判明する。アーセナル、ナポリ、モナコ、レスター・シティ、ユベントスとの対戦が考えられる。

検索