EmiratesAdidas
contenido

レアル・マドリードは2年ぶりにこのタイトルを獲得した

レアル・マドリードはアセンシオ、ラモス、カルバハルのゴールにより、延長戦の末セビージャを3-2で破った

レアル・マドリードは3度目のUEFAスーパーカップを獲得し、クラブの歴史に忘れ難い新たな夜を付け加えた。セビージャ戦の3-2の勝利は、試合を延長戦へと持ち込んだ93分のラモスのゴール、そして119分のカルバハルの決勝点により、壮大なストーリーへと仕上がっている。またその前には、公式戦デビューとなったマルコ・アセンシオがスペクタクルな先制点を記録。一方、セビージャの得点者はフランコ・バスケス、コノプリャンカだった。

トロンハイム(ノルウェー)のレルケンダール・スタディオンが2016年8月9日に行われたこの試合の舞台となった。レアル・マドリードはこの手の試合、6連続でタイトル獲得に成功し、決勝戦での素晴らしい流れをキープしている。一方、ラモスはその歴史的な瞬間に再び決定的な役割を果たしたのだった。2年前にデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ優勝)を達成した決勝戦の時のようにレアル・マドリードが敗れたと全員が思った瞬間に、ラモスは試合終了直前に同点ゴールを決めめたのだった。このパフォーマンスによりラモスは今回のUEFAスーパーカップMVPに選ばれている。

ラモス、UEFAスーパーカップのMVP

ジネディーヌ・ジダン監督はまたトロンハイムで歴史を作り、選手・監督の両方でUEFAスーパーカップに優勝した初めてのマドリディスタとなった。ジダンは選手時代、2002年にモナコで行われ3-1で勝利し、クラブがこのタイトルを初めて獲得したフェイエノールト戦にスタメン出場している。また監督としては、デル・ボスケ、アンチェロッティに続き、同タイトルを獲得したレアル・マドリード3人目になっている。ピッチ上での祝賀会の間、 この勝利によりジダンは選手たちを個人的に祝福した

モナコ、カーディフ、トロンハイムがUEFAスーパーカップを獲得した町である

セルヒオ・ラモスがUEFAスーパーカップの優勝トロフィーを掲げた後、メンバーとコーチ陣がピッチロッカールームでその勝利を祝福した。タイトル獲得による喜びは何人かの選手たちが乱入しジダンを驚かせた記者会見場にももたらされている。

レアル・マドリードの2016-17シーズンは新たなタイトル獲得でスタート。フロレンティーノ・ペレス会長はその喜びを次のように説明した。「我々はとても喜んでいる。なぜならUEFAスーパーカップを勝ち取るのは簡単なことではないが、我々は最近3回のチャンスに勝利したからね」と説明している。さらに試合前にペレス会長はチームが滞在するホテルを訪れ、選手たちに挨拶した 。

検索