EmiratesAdidas
Las Palmas - Real Madrid

カゼミーロ、レアル・マドリード50試合目でゴールを記録

動画を見る

ニュース | 13/03/2016 | Elena R. Doce

「僕は幸せだし、仕事に取り組み、このクラブのためにベストを尽くし続ける」とロス・ブランコスでの公式戦初ゴールを達成したブラジル人選手は語った。
カゼミーロがレアル・マドリードでの公式戦50試合目でラス・パルマスと対戦した。ブラジル代表MFはマドリディスタ選手初ゴールを89分に決勝点という形で決め、この試合の主役の一人となっている:「僕は幸せだし、このゴールを娘に捧げるよ。これは僕の仕事の一部であるし、仕事に取り組んで、このクラブのために全力を尽くす。常にベストを尽くすことを目指しているんだ。日々、トレーニングを行い、僕はレアル・マドリードでのトレーニングやプレーを日々楽しんでいるし、プレーするためにここにいるんだ」

「僕たちは後半、全然よくなかったことを理解しているが、勝ち点3を獲得したし、向上し続けている。難しい試合になることは分かっていたしその通りになった。特に後半はね。ラス・パルマスに敬意を払わなければいけない。なぜならどのチームもここで勝利するために必死に戦っているからね。僕たちは自分たちのサポーターやエンブレム、レアル・マドリードに敬意を払っているので、いいプレーをしなければいけない。後半、素晴らしいプレーはできなかったが、でも勝利しなければいけないし、勝ち点を積み重ねる必要がある。それが進むべき道だ。監督は自分がやっていることを分かっているのは間違いないし、彼は偉大な監督であり、全ての敬意を受けるに値している」

ラス・パルマスのサポーター
「スペクタクルだった。レアル・マドリードがどのようなものかを見ることができた。サポーターは僕たちに計り知れない愛情を注ぎ、支えになってくれた。彼らのためにも僕たちは勝利を目指したんだ」

カゼミーロの成績
ブラジル代表MFは2013年4月20日に行われ勝利したベティス戦(3-1)で、レアル・マドリードデビューを果たした。その時からのロス・ブランコスでの通算2シーズンで、リーガ29試合、チャンピオンズリーグ13試合、国王杯8試合に出場し、チャンピオンズリーグ1回、国王杯1回に優勝している。
検索