EmiratesAdidas
Casillas

カシージャス:引き分けがより妥当な結果

ニュース | 13/09/2014

「後半、大きな一撃を受けてしまった。アトレティコをしっかりコントロールしていたけど」とキャプテン。
 
アトレティコとのダービー戦後、カシージャスはミックスゾーンで記者に応対。「後半、大きな一撃を受けてしまった。アトレティコをコントロールしていたけど。CKから脅かされたし、トゥランは素晴らしいシュートを放った。結果は内容からいえば少し不公平なもの。引き分けが一番妥当だろう。けど、アトレティコは自分達の試合をしっかりとする事が出来るし、また自分達に勝った事を祝福しないといけない」

「また、今日もチームは運に見放された。勝ち点3を欲していたし、サン・セバスティアンの亡霊を打ち消したかった。それが出来なかったし、チームとして一歩後退した。今は火曜日の試合、CLに集中しないといけない。もちろん、これ以上つまづく事は出来ない」
 

セットプレーに関して、自分達のアクションには運がない。
 

「この一週間のチームの働きは結果に結びつかなかった。クラブ、サポーターの事を考えると本当に自分達は辛く感じる。サン・セバスティアン同様にクラブのレベルに自分達はなかった」

ブーイング
「人々はしっかりとした考えを持っている。彼らがブーイングをすべきだと思ったなら、受け入れないといけないし、人々の意見を尊重しないといけない。ブーイングに対する答えはしっかりとサッカーに取り組み、サッカーで見せる事」

セットプレー
「セットプレーからあまりにも多くの失点をしている。しっかりと責任を取る事からはじめ、全員でこの問題を解決しないといけない」

メンタル
「マドリードは王者のチームであり常勝チームだ。自分達の決意、メンバーとのものにリミットはない。このチームは数ヶ月前には多くのタイトルを獲得したチームだった。今の状況は、チーム、選手が作り出したもの。もちろん、変える力はある。全員で進んでいかないといけない」
 

検索