EmiratesAdidas
contenido

アメリカのサッカー:1994年ワールドカップから今日

アメリカは今日、最も関心の高いことのひとつである伝統のないスポーツへの熱意を維持している。

アメリカサッカーの起源は初のアメリカのサッカーチームとして知られているボストンで1862年発足したオネイダFCまでさかのぼる。しかしそのプロ化は翌年ワールドカップ母国開催を控えた1993年に公式に行われた。その時からこのスポーツは今日までに4番目、12歳~24歳の若者の間では2番目に人気のスポーツとなっている。また現在、少なくともアメリカの家庭の30%の一人はそれを実践していると推測されている。

しかしこれらのアンケートだけが今日、アメリカでサッカーが意味することをサポートしているわけではない。バラク・オバマ大統領はワールドカップ期間中、ユルゲン・クリンスマンの選手たちのためにキャンペーンを行っていた。またアメリカにおいて、このスポーツの新たな重要性を説いていた。人で溢れた広場や同じ旗の下での多文化社会による通りで、サッカーはこの数十年で最高の発見と位置づけられている。

プロサッカーリーグの発足は、1988年にワールドカップ94年立候補をプレゼンテーションした際のFIFAとの約束事のひとつだった。しかしこれまで、アメリカのアマチュアサッカーは1975年~1977年にニューヨーク・コスモスでプレーしたペレ、もしくはフランツ・ベッケンバウアーのようなスターをすでに集めていたことがある。1993年11月、今日、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)と知られている礎となるプロリーグとしてメジャー・リーグ・プロフェッショナル・サッカーが選出された。

サッカーはアメリカで、12歳〜24歳の若者の間で2番目に人気のスポーツになっている。

1994年3月、アメリカのリーグは権利という形でお金を受け取らない初のテレビ契約を終了した。しかし広告からの利益の一部は受け取っている。20年後、これらの試合は11チャンネル(アメリカ8局、カナダ3局)を通じて世界中で観ることができ、主な収入のひとつとなっている。MLSは1995年2月に正式に発足し、1年後には全国民を魅了する歴史的な1シーズンを過ごすことになった。

もし1994年ワールドカップのブラジルとイタリアの決勝が1999年までのサッカーの視聴率ナンバーワンだったとしたら、そのMLS最初のシーズンでは長続きする記録を作っている。それは最多観客数記録であり、69,255人が生観戦したLAギャラクシー対メトロ・スターズの試合だった。その数字は今日でも破られてはいない。また最多観客数トップ5のうちの3試合は2013年に生まれている。

2002年ワールドカップがサッカーの興味回復の鍵となった。

サッカーがアメリカで人々の関心を得るためにはしばらく待たなければならなかった。初期の間、巨額の損失が出てスタジアムの半分は空席であり、人々はそのような伝統のないスポーツを求めなかった。ワールドカップ最高の平均観客動員数(68,991人)を記録した1994年のワールドカップでもモチベーションが変わることがなく、人々の興味が向上しアメリカが準々決勝に進出しドイツに敗れた2002年ワールドカップまで待つこととなった。

その年まで国内サッカーは独自のルールがあり、例えば、もし引き分けだった場合、PK戦で勝敗が決められていた。2003年にMLSはFIFAの基準を受け入れ、その時から2008年までより専門的なスタジアムを建設した。2007年にレアル・マドリードでリーガ優勝したデイビッド・ベッカムのようなスターの後年の到来は、今日、知られているような世界的な次元を与えるようになった。現在のサッカーの力はMLSを初期の10チームから現在19チームへと増加させ、2017年には22チームへとなる予定である。

検索