EmiratesAdidas
Real Sociedad - Real Madrid

アンチェロッティ:このチームを指揮するのをとても誇りに思う

ニュース | 05/04/2014 | Diego Jabalquinto (San Sebastián) | 写真: Ángel Martínez

「私は戦っていくことが好きな選手たちを抱えていて、我々は最終節までリーガ優勝を争って行く」とレアル・マドリードの監督は話した
カルロ・アンチェロッティはレアル・ソシエダに対しゴールラッシュを見せた自チームの働きぶりをとても誇りに感じているとした。「我々は知性を持ってとても良いプレーをした。後半により激しさがあるよう、ハイペースで試合を始めた。全員が良い試合をし、それは簡単なことではなかったから私はとても満足している。このチームを指揮するのをとても誇りに思う。私は戦って行くことが好きな選手たちを抱えていて、我々は最終節までリーガ優勝を争って行く」

「水曜日にあった試合からの疲労を回復するのは簡単でなかったし、この点で選手たちは後半素晴らしいレベルの激しさがあった。全員が守備面でとても良い仕事をした。我々はレアル・ソシエダの長所を封じた。それは懐の深いプレー。後方でとても良い対応をし、とても集中していた」

今回の勝利は力になるし、さらに怪我を回避しフィジカル面で良い状態だった

ベイルのポジションを左サイドにすることで、攻撃時にピッチを幅広く使うことができ、彼自身も快適さを感じていた。クリスティアーノ・ロナウドと一緒にやるときも、良くサイドを替えてプレーしている。問題はない。我々にはこの2選手を抱える幸運があり、それはとてもいいこと」

イジャラとアノエタでのゴール
「ピッチ外であったことは彼に不快感を与えるものではなかった。彼は試合に集中し良いプレーをしたし、先制点を挙げた。守備面でとても良いプレーをした」

検索