EmiratesAdidas

36回目のラ・リーガ優勝

我がチームは同大会の覇権をより大きなものにした

スペシャル

レアル・マドリードはプレーオフ決勝でバルセロナを退けて(1-3)タイトル獲得した

36回目のリーガ優勝は逆境を前に成長する術を知っていたチームの力を示すものだっただけに、非常に特別なタイトルだった。2022年6月19日、レアル・マドリードはコートの優位性が無いところから決勝第4戦でバルセロナを下して大会を制した。WiZinkセンターのサポートと決定的な活躍を見せたタバレスの存在によりチームは81-74で勝利、スペインスーパーカップも制した素晴らしいシーズンを締めくくった。

ラソ監督はレアル・マドリードを率いて22回目のタイトルで、プレーオフで破れたのはわずかに1回。準々決勝でBaxiマンレサに2-0、準決勝でBitciバスコニアに3-0、決勝ではバルセロナを1-3で下した。「我々はこれを勝ち取るために大いに戦った。とても難しい一年だった」とタバレス。決勝第4戦では25ポイント、リバウンド13回、評価点41でMVPに選ばれた。

ビデオ.81-74: ¡Campeones de Liga!

記憶に残るシーンはラソ監督に対してリュルが見せたもの。指揮官は心筋梗塞のためシーズン終了までの最後の数試合で陣頭指揮を取ることができなかったが、キャプテンは優勝トロフィーを監督へ渡しファンの前で掲げお祝いするように促した。「彼と彼のスタッフ無しでは僕らはこれを祝うことが無かったかもしれない」とリュルは話した。

ビデオ.El campeón ofreció la Liga 36 a los madridistas

リーガ優勝のあとチームはマドリード自治政府と市役所でマドリディスタへ優勝報告をした。フロレンティーノ・ペレス会長は「これはこの選手グループの本当の価値を象徴しているタイトル。逆境に対する戦いや忍耐力、勝利へのハングリーさ、止められない勇気を表しています」と話した。

Galerías de fotos

  • Real Madrid - Barcelona

  • The players celebrate the 36th basketball league title

  • チャンピオンたちが36回目のリーガ優勝をマドリディスタたちに報告

検索