LazoGanadores de Champions LeagueOtro

スペイン・スーパーカップのチャンピオンに!

レビュー. 16/01/2022

レアル・マドリードはリヤドでアスレティックに勝利、決勝でモドリッチの素晴らしいゴールとベンゼマのPKで勝負を決め12回目の大会制覇を果たした
 

レアル・マドリードはリヤドでアスレティック戦を制して今季初タイトル、クラブ史上12回目のスペイン・スーパーカップ制覇を果たした。チームは非常に手堅く相手を上回り、38分モドリッチのゴラッソ、52分ジェライの反則により得たPKをベンゼマが決めタイトル獲得を決めた。86分にはPKを献上するとともにミリトンが退場になったが、クルトワがラウール・ガルシアのキックを止めた。ロス・マドリディスタスは再び優勝トロフィーとともにサウジアラビアを去ることになり、モドリッチが決勝のMVPに選ばれた。

前半は高いリズムでのプレーとなったが、モドリッチのゴールまで決定的なシーンはほとんど無かった。より決定的だったのはマドリード。最初は18分、ゴール正面からのベンゼマのシュートで、ウナイ・シモンが身を投げ出して防いだ。9分後カゼミーロが仕掛ける。右サイドから意表を突いてシュートしたがこちらもアスレティックの守護神が好守を披露した。これらは先制点の予兆だった。38分ロドリゴが3人のディフェンダーを引きつけパス、モドリッチが右足で狙い澄ました鮮やかなシュートを決めた。バスク州チームの反撃は前半ロスタイム。サンセットのシュートはわずかにゴール上だった。

ビデオ.0-2:スペイン・スーパーカップのチャンピオンに!

後半はこれ以上を望めない形でのスタートだった。50分ベンゼマがゴール正面からシュート、ボールはエリア内にいたジェライの手に当たった。ソト・グラードはプレーをモニターで確認したあとPKを宣告、フランス代表FWがマドリードへさらなるリードをもたらすゴールを決めた。ベンゼマにとって2点目で、今大会の得点王になった。

87分までチームはほどんど苦しむことが無かったが、ラウール・ガルシアがクロスに合わせてヘディング、ボールはミリトンの手に当たった。ソト・グラードはモニターで映像を見たあとPKとブラジル代表DFの退場を宣告した。このピンチをクルトワがシュートを左足で止めることで救った。アンチェロッティ監督はキャプテンのマルセロを投入する時間があり、現役マドリディスタとして最多の23タイトルを誇る選手になった。

アンチェロッティ:レアル・マドリードとともに5大会でタイトル獲得

イタリア人監督はマドリディスタ指揮官として自身の経歴に新たなタイトルを追加した。これで5大会で優勝を経験。前回指揮時に勝ち取ったチャンピオンズリーグ、クラブワールドカップ、国王杯、UEFAスーパーカップに続き今回スペイン・スーパーカップを制した

ベンゼマ、スーパーカップ2試合で得点

アタッカーはリヤドで改めてスペクタクルな状態にあることを証明。フランス代表選手は準決勝のクラシコで2点目を決めてMVPになり、決勝でも得点を挙げた。今回スペイン・スーパーカップの最多得点選手で、今季ここまで27試合で24得点を挙げている

試合日程

年表

審判

ソト・グラード(ラ・リオハ州協会)、線審:カバニェーロ・マルティネス、ガジェゴ・ガルシア、第4審判:ディアス・デ・メラ・エスクデロ、ビデオ・アシスタント・レフェリー:メディエ・ヒメーネス(カタルーニャ州協会)

検索