EmiratesAdidas

最後まで可能性を残すも逆転優勝叶わず

レビュー. 22/05/2021. Alberto Navarro. 写真: Antonio Villalba y Helios de la Rubia

前半にビジャレアルに先制を許すもベンゼマとモドリッチのゴールで国内リーグ最終戦に逆転勝ち

レアル・マドリードは最後の1秒までリーガ優勝を狙って戦いホームでビジャレアルを下すという目標を果たしたが、バジャドリードでアトレティコが勝利したためタイトルには手が届かなかった。ジェレミ・ピノに先制点を与えるも、87分にベンゼマ、ロスタイムにモドリッチが得点を決め緊迫した終盤の戦いを制した。ジダン監督のチームはシーズン最終戦を勝利で飾り、国内リーグを18試合無敗(13勝)で終えた。

試合開始から20分、ジェレミ・ピノがビジャレアルに先制点をもたらしたことで難しい展開でのスタートとなった。その後のゲームは圧倒的にレアル・マドリードの支配となり、5分後にエリア内でのパレホのハンドから選手たちはPKを要求した。ホームチームは攻め続け、34分にはモドリッチのプレーからあわや同点のシーンを迎える。相手2選手を交わしてエリア内からシュートを放ったがわずかにゴールマウスを捉えなかった。ハーフタイム前にはクロアチア代表選手の蹴ったCKからカゼミーロがヘディングで得点を狙ったがルジがボールを抑えた。

ビデオ.2-1: 最後まで可能性を残すも逆転優勝叶わず

後半もレアル・マドリードがビジャレアルを後方へ押し込み好機が生まれる。52分にオドリオソラがクロス、ミリトンのヘディングシュートはゴール上へ。3分後にはカゼミーロのパスからベンゼマがヘディングシュートを決めたが、VAR判定でオフサイドのため取り消された。ジダン監督はイスコロドリゴを投入し、ブラジル人選手が10分後に主役を務める。ルジのミスを誘い敵ゴール前でベンゼマがボールを得たがシュートはゴールのサイドネットを揺すった。

ジダン監督は68分に交代枠を使い切りマリアーノ、マルセロ、ナチョがピッチへ入った。3分後にベンゼマが改めて得点を狙う。左足でのシュートはゴールを逸れる。83分に今度はモドリッチがゴールを狙ったがゴール正面からのシュートは外れた。5分後にロドリゴのプレーのあとベンゼマが狙い澄ましたシュートを決めて同点に。そしてロスタイムにモドリッチがマドリードに勝利をもたらす。ベンゼマのパスを胸で受け左足で決めた。

リーガで18試合連続負け無し

ディ・ステファノでのビジャレアル戦勝利で、レアル・マドリードは18試合連続無敗(13勝)でリーガを終了。これは2月6日のウエスカ戦から続くもので、国内リーグでの無敗は約4ヶ月に及ぶ。

ベンゼマ、30ゴールでシーズン終了

ビジャレアル戦でのゴールでベンゼマが30得点で今季を終えた。うちリーガでは23得点となっている

順位表

試合日程

年表

審判

ムヌエラ・モンテーロ(アンダルシア州協会)、線審:プリエト・ロペス・デ・セライン、バエナ・エスペホ、第4審判:ペーニャ・バレーラ、VAR:デ・ブルゴス・ベンゴエチェア(バスク州協会)

検索