EmiratesAdidas
Granada - Real Madrid

ジダン:「我々はインテンシティを下げなかった。それは我々の個性を示している」

ニュース | 14/05/2021

「我々は戦い続ける。まだ2試合残っているので、最後まで、最後の瞬間まで全力を尽くすつもりだ」と指揮官は語った
レアル・マドリードがグラナダに勝利し、リーガタイトルに向けた戦いを継続している。試合終了後、ジダン監督は記者会見に出席し、次のように語った。「ゴールだけではなく、我々はとても良いプレーをやり、守備面も素晴らしかった。試合を非常にうまくやり遂げることができた。完璧な試合だったよ。我々は1-2にされた時にインテンシティを下げず、すぐにゴールを決めたが、それは我々の個性を示していると私は言うことができる。ティボは最近いつもやっているように2-3にするのを防いでくれたが、それはとても良いことだ。全般的に我々の勝利は難しいピッチでの困難な相手に素晴らしいものだった。なぜならグラナダは素晴らしいシーズンを送っているチームだからね」

「我々は戦い続ける。まだ2試合残っているので、最後まで、最後の瞬間まで全力を尽くすつもりだよ。マルビンは怪我を負った。軽傷であることを願うが、ハムストリングに何らかの問題を抱えている。主審があそこにおり、私は主審ではない。彼が笛を吹き、ベストの形でそれをやろうと努めている。以上だ。その後、ピッチで物事が起こるし、衝突があるが、我々がそれを変えることはないだろう。私は主審ではない」

ミゲルのパフォーマンス
「今日はマルセロフェルランドがいなかったのでミゲルが出場した。彼は我々の選手であり、今、我々と一緒にいる。とても良いパフォーマンスだったし、私は彼やチームに満足している。2試合残っているので、我々はリーガが終わる最後の瞬間まで全力を尽くすつもりだ。今日のように全力を尽くし、どうなるか様子を見るつもりだよ」

マルセロの不在
「マルセロはフィジカル面に違和感があったので、我々はいつも通りリスクを冒すことを望まなかった。その違和感により彼は我々と一緒に来なかったんだ。それ以上何もない。チーム、ミゲルマルビンなど、選手全員が最初からしっかりと、とても良いパフォーマンスを発揮していた。我々は勝利に値したと思っている」
検索