EmiratesAdidas
Real Madrid - Villarreal

レアル・マドリードのソーシャルネットワーク、2019/20シーズンのインタラクションでリーダーに

ニュース | 15/09/2020

34回目のリーガ優勝を決めた7月16日、レアル・マドリードはツイッター、インスタグラム、フェイスブックで1600万以上のインタクションを生み出し、1投稿あたりの平均は7万192だった
7月16日、レアル・マドリードがビジャレアルに2-1で勝利、34回目のリーガ優勝を果たした。この勝利のあと、何千万人ものサポーターがクラブのソーシャルチャンネルで交流した。試合の日、レアル・マドリードはツイッター、インスタグラム、フェイスブックで216の投稿を共有、1600万以上のインタラクションを生み出し1投稿あたりの平均は7万192で、サポーターとのインタラクションの質を計る上で重要な指標になった。翌日チームは180のコンテンツで1660万以上のインタラクションを生み出しこの記録を更新、Blinkfire Analytics.のデータによると1投稿あたりの平均インタラクションは9万2000以上だった。

レアル・マドリードは、ヨーロッパの5つの主要リーグであるラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガ1の中でソーシャルメディアで最高のパフォーマンスを発揮するチーム。2019/20シーズンを通して1投稿あたりの平均インタラクションは3万8687となっている。フェイスブック、インスタグラム、ツイッターでこれ以上の結果を出しているクラブは他にない。平均インタラクションのトップ10にはセリエA(ユベントス)、プレミアリーグ(リバプール)、リーグ1(パリ・サンジェルマン)の各優勝チームがいる。

この意味でインスタグラムはレアル・マドリードがサポーターと交流するための最も価値あるチャンネルであり続けている。2019年8月1日から2020年7月21日までこのソーシャルネットワークでのクラブのアカウントで1投稿ごとの平均インタラクションが92万9169で、主要リーグでのグローバルランキングで1位に貢献している。
検索