EmiratesAdidas
Juventus - Real Madrid

1-3:10人で逆転しユースリーグ準々決勝へ進出

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 16/08/2020

12分から数的不利のレアル・マドリードが、アリーバス、ドトール、ラタサのゴールでユベントスに勝利し、次戦でインテルと対戦する
  • UEFA Youth League
  • ベスト16
  • 日, 16 8
コロブレイ・スタジアム (ニヨン)
1
3
レアル・マドリードはユベントスを1-3で破り、UEFAユースリーグ準々決勝に進出した。ニヨンのコロブレイ・スタジアムが、COVID-19による中断後、ラウール監督指揮下のチーム初戦の舞台となった。そんな状況の中、先制点を決めたのはユベントスで、開始3分にトンヤが1-0にした。その後、ブランコがFKを直接狙いチームを活気づけるも、シュートはGKに防がれた。そして迎えた12分、ジョルディがエンテンダとの衝突によりレッドカードが出された。その後、ユベントスが攻撃を続け、セクロフが2点目を決めるも、オフサイドで取り消しになった(19分)。

数的不利にもかかわらず、ラウール監督率いるチームは反撃し、30分が経過した後、逆転に成功する。まず速攻からアリーバスが同点ゴールを記録した。さらに2分が経過する前、ラタサとの素晴らしい連携からモランテが相手DFの裏にスルーパスを通し、ドトールが2点目を決めた。さらにハーフタイム前、ラタサに追加点を奪うチャンスが訪れたが、シアノに1対1を防がれた。

ラタサが3点目を記録
ハーフタイム後、レアル・マドリードは同じ流れを維持した。中盤での素晴らしい個人技を見せたアリーバスがペナルティエリア正面から3点目を決めるところだった。ラウール監督率いるチームはライバルに休みを与えることなく、57分にラタサが右サイドからの素晴らしいドリブルでシアノの守るゴールを破った。10人でプレーしたにもかかわらず、レアル・マドリードは攻撃を止めることなく、79分と87分にドトールの2度のシュートを止めた相手GKが主役となった。スコアはそれ以上動かず、レアル・マドリードは19日18時(日本時間:20日1時)に同じ会場で行われる準々決勝でインテルと対戦する。

試合データ
1-ユベントス: Siano, Leo, Ntenda (67分:Leone), Ranocchia (59分:Barrenechea), Dragusin, Gozzi, Tongya, Portanova, Petrelli, Fagioli (59分:Miretti), Sekulov (59分:Chibozo)
3-レアル・マドリードToni Fuidias, Santos, Miguel, Pablo Ramón, Chust, Blanco, Morante (75分:Sintes), Arribas (75分:Pablo), Jordi, Dotor (90分:Aranda) , Latasa (65分:Marvin)

ゴール
1-0 (3分): トンヤ
1-1 (30分): アリーバス
1-2 (32分): ドトール
1-3 (57分): ラタサ
検索