EmiratesAdidas
Real Madrid - Éibar

ジダン:「前半はとても良かったし力強かった」

ニュース | 14/06/2020

「我々は少しおかしな状況であることを分かっているし適応している。なぜならシーズンの終わりまでその状況のままだと思うからね」と指揮官は語った
ジネディーヌ・ジダン監督が勝利したエイバル戦後に行われたビデオ通話での記者会見でメディアの質問に答えた。「それは我々が以前経験していたものとは完全に異なるものだ。うまく適応する必要がある。我々が試合を非常にいい形でスタートしたのは事実だが後半は苦労した。我々はいい準備ができているが、後半は全てが少しずつしかなく、あまりうまくいかなかった。しかし私は前半を高く評価しているよ。なぜならとても良かったし力強かったからね。重要な勝利だし、本当に貴重な勝ち点3だ。そしてこの後、10試合残っている」

「3-0で終えることができた。前半はとても良かったので、我々はおそらく後半少し気を抜いてしまったのだと思う。しかし具体的なものは何もない。交代選手について?最初の交代はカルバハルが足首を捻ったからだ。そしてセルヒオは違和感があり、エデンは長らくプレーしていなかった。様々な理由がある。5選手を交代する必要があったが、それが試合が変わった唯一のことだったとは思わない」

アザールの60分間
「それが合意していたことだったと言うことはできない。アザールがもしフル出場した場合、リズムを少し欠くことは分かっていた。彼は1時間プレーしたが良かったし、さらに打撃を受けたのであれがベストだった。打撃を受け恐れはあったが、それがサッカーというもの。彼はハーフタイムにいい状態だったし、満足していて、恐れはなかった。彼は自分がやったことに満足しているし、我々も彼やチーム全体の仕事ぶりに満足している」

無観客でプレー
「我々は状況を分かっている。それはみんなにとって少しおかしなものであるが、選手たちはその状況に適応している。私はさらにシーズンの終わりまでこの状況のままだと思うので、シーズンの終わりまでやるべきことを頭の中に入れておく必要があるし、パワーを与えてくれる味方や対戦相手の観客のサポートなしに、自分たちが内面に持つものを与えなければいけない」

好調のベンゼマ
「ダイエットかは分からない。ベンゼマは常にそのレベルの多くの選手たちと同じように自分自身にとても気を配っている。彼はフィジカル面の状態がいいし、再びプレーできることを喜んでいる。仕上がっているのは間違いない。あれが続くことを願っているし、我々は彼を必要としている」

ラモスのゴールはアザールが決めることもできた。彼は利他主義者であるし、私はあのプレーが見られたことが嬉しい

「選手たちはみんな重要だ。一方、君たちはそれを議論するためそこにいる。最終的に同じことが常に起こる。私は自分の選手たちを戦力に考えていくつもりだし、10試合あり、その後でチャンピオンズリーグも控えているので、私は自分の選手を全員必要とするだろう」

日程
「我々には何もできない。日程はそうなっている。我々は一つのメンバーを抱えているし、私は常に同じことを言っている。なぜなら我々は全員を必要としているし、カルバハルラモスマルセロが痛めたように、今日起こったことは普通のことだ。あんなにも長い時間が経った後だと選手たちに何か起こるもの。5選手を交代できたのは良かったし、今はしっかりと休み、木曜日22時(日本時間:金曜日5時)の次の試合のことを考えるつもりだよ。それは避けられないことだ」

DF陣のゴール
「我々には常に違いを作れる前線の選手たちがいる。アザールからセルヒオへのパスで彼はゴールを決めることもできたと思うが、彼は利他的なのでセルヒオにパスしたんだ。彼は利他主義者であるし、私はあのプレーが見られたことが嬉しいよ」

ロドリゴとメンディ
ロドリゴレアル・マドリードの選手だ。私には起用できる23選手がいるので、選ばなければいけないし、それは毎試合やらなければいけない決定だ。メンディについてはカルバハルが痛めたからだ。彼は我々と一緒の時ではないが、過去にあのポジションでプレーしたことがあるし、右足に問題がないのでプレーできるポジションだ。あれは選手が怪我をした後の選択だった」

アセンシオの復帰
「我々はマルコを起用できることが嬉しいし、少しずつ進んでいく。我々には多くの選手がいる。アセンシオの状態はいいので、私は今後彼を使うつもりだ。今日は他の選手がいたので起用できなかったが、彼は他の全ての選手同様、準備できている必要がある。私は彼を戦力に考えている」

検索