EmiratesAdidas
Real Madrid - Éibar

3-1: リーガ復帰戦に勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 14/06/2020

アルフレッド・ディ・ステファノで行われた大会中断を経ての最初の試合で、レアル・マドリードはクロース、ラモス、マルセロの得点によりエイバルに勝利した
  • リーガ
  • 28節
  • 日, 14 6
アルフレド・ディ・ステファノ
3
1
サッカーへの欲求は高まっていた。スタンドでの観衆の息遣いはなくとも、ファンと選手は再びボールが転がるのを願っていた。アルフレッド・ディ・ステファノ・スタジアムでリーガ中断を受けてのレアル・マドリードの初戦が行われ、チームはエイバルを破り、残り試合の一つ一つでタイトルへ向けて戦って行く姿勢を示した。

クロースが盛大に戦いの場へ戻り、マドリードは約100日ぶりのゴールを喜ぶのに4分しか必要としなかった。インフロントでのダイレクトキックでゴール隅に狙いすましたゴラッソだった。同じくアザールも戦線復帰し、攻撃のシーンで積極的に関与。エイバルは攻勢に出たがマドリードは長いボールポゼッションで試合のコントロールを継続してキックオフから30分で点差を広げる。ラモスがボールを奪ってベンゼマアザールと連携、ベルギー代表選手がゴール前でラストパスを送ると、走り込んだキャプテンがフリーでボールを押し込み2-0とした。

マドリードは今季リーガ通算50点を突破

立て続けに37分、3点目が生まれる。アザールが相手エリア内に侵入してシュート、ドミトロビッチが弾くとこぼれ球にいち早く反応したのがマルセロで、左足シュートで勝利を決定的なものにした。ロドリゴがハーフタイムを前に最後のチャンスを迎え、後半に入りジダン監督はメンディを出場させた。56分、エドゥ・エクスポジトのシュートにクルトワが横っ飛びで反応。エイバルは3選手を一気に交代させ、その効果はすぐに出る。まずはセルジ・エンリクのシュートがゴールバーを叩き、コーナーキックからのプレーでビガスが点差を縮め(60分)、最後にクルトワがペドロ・レオンのシュートを阻んだ。

慌ただしく動く采配
エイバルがこの試合一番の時間帯を過ごしている時、疲れと異例のシーズンによるフィジカル的な問題に対応するためベイルビニシウスJr.、ミリトンが投入された。水分補給のための試合中断から残り時間15分となったが、マドリードは試合のコントロールを取り戻しリーガ再開からの初戦を勝利で飾った。

検索