EmiratesAdidas
Lorenzo Sanz con su hijo

ロレンソ・サンス「父のレアル・マドリードへの情熱は尋常ではなかった」

ニュース | 22/03/2020

ロレンソとフェルナンド・サンス、ミチェル・サルガードが元レアル・マドリード会長の在りし日について言及
ロレンソ・サンス氏死去のあと、愛情と死を悼む声はすぐにもたらされた。家族は数多くの励ましの声とレアル・マドリードを率いていた当時の姿を思い出す声に感謝を示している。息子のロレンソ・サンスさんはレアル・マドリードTVでこう話している。「今は家族、そしてマドリディスモ全体にとって辛い時。彼にとっては我々が彼の姿について讃えるのが嬉しいだろう。彼がマドリードのため、家族のためにやってきたことはあらゆるものに匹敵する」。

「今はこれ以上なく辛い時、、、。父が亡くなった形というのは誰も望んでいないものだった。全ての人と話し、応えるため、あらゆる力を合わせて行く。私の元には返事をしなくてはならないメッセージが500通ある。人々が示してくれた愛情というのは信じられないほどのもの。父親のことを看病することができないここまで数日というのはとても辛いものだった。私たちは彼に近づくことができなかったから距離を置いてそれをやっていた」。

経歴
「彼がマドリードの会長としてやってきた事は誰もが知り得ること
。でも私の父で、私にとって彼の姿は会長を務めていた時期だけではない。彼にとってマドリードはもう1人の息子。日曜日ごとにベルナベウへ行っていたのを覚えている。彼のこのクラブへの情熱というのは尋常ではなかった。最初はクラブ幹部として、そして副会長と、できる限り手助けした。クラブへ持っていた情熱から徐々に主役になって行った。マドリードも彼の家族だったから他のことは後回しにしていた」。

フェルナンド・サンス「父の功績の再認識に感謝する」
「彼は謙虚な人間で、その人生をレアル・マドリードに捧げた。持っていたのは長所だけで、私が彼の息子だからそれを言っているのではない。たくさんの愛情深いメッセージで私を勇気付けてくれた。人々の父へのこの再認識には感謝の言葉しか見つからない。我々は最も厳しい瞬間に彼と一緒にいられなかったからこの状況にはより痛みがある。彼の姿は家族と人々への愛によって賞賛されている。彼は我々にその価値観を刻みつけてくれた」。

「すべての選手たちは彼に対し大きな愛情を抱いていた。なぜなら彼はクラブで多くのものを植え付けた人物だから。マドリードがチャンピオンズリーグに勝利して街中でお祝いをした時のことを覚えている。私は示された愛情に圧倒された。彼は単なる父親ではなく光をもたらす灯台で、家族だけではなくたくさんの人々を引っ張って行った」。

サルガード「彼について私が感じるのは、言葉で表現することができる以上のもの」
「私は父親と言ってもいい家族の1人を失った。彼は私に賭けてくれた人物であり、おかげで私はレアル・マドリードでプレーするという夢を叶えた。その後さらに大きなものが訪れた。それは彼の家族の一員となり、彼の人生の一部になるということだった。彼について感じるすべてのものは、言葉で表現することができる以上のもの。彼と一緒に過ごした瞬間を私の心の中にとどめておく」。

「私にはたくさんのエピソードがある。最もよく覚えているのは私の入団発表のときのこと。なぜなら彼は私に長い間ここに留まることになるって言ってくれたんだから。そして実際にそうなった。それは私の人生で最も素敵な瞬間の一つで、ロレンソと一緒に過ごした重要な場面の一つだった。2回のチャンピオンズリーグ優勝は忘れられないもの。ロレンソを見るのは前進して行くため自信を与える人物を目の当たりにするということだった。彼がいつも言っていたのは、大会の決勝というのはプレーするのではなく勝たなければならないということだった」。
検索