EmiratesAdidas
Real Madrid - Celta

2-2: レアル・マドリードが引き分け、首位をキープ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 16/02/2020 | Alberto Navarro

アザールが戻ったセルタ戦でロス・ブランコスはクロースとラモスが得点
  • リーガ
  • 24節
  • 日, 16 2
サンティアゴ・ベルナベウ
2
2
レアル・マドリードはセルタ戦で勝ち点1を得るにとどまったがリーガ首位の座を維持している。クロースまたPKからラモスが得点を挙げてスモロフの先制点から逆転したが、86分にサンティ・ミナが同点に追いつく2-2とした。試合開始すぐに難しい滑り出しとなる。7分にイアゴ・アスパスのアシストでスモロフが1対1となったクルトワを破った。そのあと前半の半ばまでプレーしていたのはマドリードだけで、リードを許したままハーフタイムを迎えるといった状況には相応しくなかった。

先制点を許した3分後、アザールのクロスからカゼミーロがヘディングで合わせたがわずかにゴールの枠を捉えなかった。ブラジル代表選手は17分再び見せ場を作る。力強いシュートはゴールバーをかすめた。時間は経過しレアル・マドリードに欠けていたのはゴールだけだった。40分には再び絶好のチャンス。ベンゼマがヒールキックでアザールへボールを渡しベルギー代表選手は左足でクロス、ベイルがエリア内からシュートしたがゴールを逸れた。ハーフタイム近くにはクルトワが好守で失点を防いだ。オラサがCKを蹴りアイドーJr.がヘディングしたがベルギー代表守護神がスペクタクルな横っ飛びで防いだ。

戦線復帰したアザールがPKを獲得、セルヒオ・ラモスが2点目を決めた

レアル・マドリードは後半開始から急激なペースアップを図り、49分にラモスが得点。しかしアルベロラ・ロハス主審はキャプテンがオフサイドだったとして取り消しにした。その3分後に同点となる。マルセロが攻め込みマイナスにクロス、走り込んだクロースが気の利いたシュートでルベン・ブランコの守るゴールを破った。試合時間はあと30分といったところで、レアル・マドリードはビハインドを跳ね返すだけの気持ちは無かった。61分にはバルベルデが仕掛けたが、左足でのシュートは相手GKの左手に阻まれた。

ここまで戦ったチーム
ロス・ブランコスが逆転して3分後、この得点はアザールが誘発したPKから生まれた。アザールはゴールラインまで突破し、折り返しを狙っていた。ベルギー代表選手はエリア内でルベン・ブランコに倒され、ゴールまで11メートルの位置から絶好の成功率を誇る選手、ラモスがこれを決めた。レアル・マドリードはここまで最も厄介な部分を通り抜けたが、86分にサンティ・ミナがゴール。マドリディスタはロスタイムにベンゼマがシュートしたがセルタのGKが好守を披露、リーガ首位チームの勝ち点3追加を許さなかった。

検索