EmiratesAdidas
Real Madrid - Real Sociedad

3-4:最後まで逆転を目指したレアル・マドリード

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 06/02/2020

マルセロ、ロドリゴ、ナチョが、レアル・ソシエダ相手に敗退した国王杯でゴールを記録した
  • Copa del Rey
  • ベスト8
  • 木, 06 2
サンティアゴ・ベルナベウ
3
4
レアル・マドリード国王杯準々決勝でレアル・ソシエダ相手に最後まで逆転勝利を目指すも成し遂げられなかった。1-4まで点差をつけられた試合で敗退し、21試合無敗の流れがストップした。レアル・ソシエダは最初のチャンスで先制する。22分、イサックがペナルティエリア外からシュートを放ち、アレオラが弾いたボールをウーデゴールが続けてシュート。ミリトンの足に当った後、アレオラは防ぐことができずに失点した。

レアル・マドリードはハーフタイム前に2度の決定的チャンスを掴む。最初はハメスが主役となったが、35分のペナルティエリア外からのシュートはレミーロにダイビングでセーブされた。そして42分、ビニシウスJrのプレー後、マルセロがボレーシュートを放つも、またもやラミーロに防がれた。その2分後、アレオラとの1対1でイサックのシュートは枠上に飛んでいった。

後半
49分のゴールがオフサイドで取り消されたイサックが54分、バレネチェアのアシストからアレオラの守るゴールを破ると、ロス・ブランコスにとっては全てが難しくなった。さらにその2分後、イサックに3点目を決められると、リーガ首位チームはより困難を抱えることとなった。レアル・マドリードは59分、ブラヒムのアシストからマルセロが左足でニアポストにシュートを決め点差を詰めた。さらにその5分後、ゴロサベルとオヤルサバルをかわしたビニシウスJrが素晴らしい個人技から2点目を決めたかに見えたが、シュートはわずかに枠の外だった。一方、69分にメリーノがレアル・ソシエダの4点目を記録した。

最後まで逆転を目指して
試合終了までまだ残り20分以上ある中、ビニシウスJrが79分、ヘディングで2-4のゴールを決めたがVARにより取り消しとなった。しかしその2分後、ビニシウスJrのアシストからロドリゴが2-4のゴールを記録。さらに後半アディショナルタイム、ナチョベンゼマのアシストからゴールを決め、ベルナベウの観衆に夢を見させた。さらにその1分後、レアル・ソシエダは一人退場となり10人になったが、結果を変えることができず試合が終了した。
検索