EmiratesAdidas
Real Madrid - Atlético de Madrid

ジダン:「交代選手が試合を変えた」

ニュース | 01/02/2020 | Javier Vázquez | 写真: Víctor Carretero

「私はハーフタイムに2選手を外したことを不快に感じているが、何かをしなければいけないかったのでそれをやったんだ」と監督は語った
ジネディーヌ・ジダン監督がアトレティコ・マドリード戦の勝利後、記者会見に出席した。「私はピッチで見たものを好きではなかったが、それは選手たちのせいではなく、私の責任だ。気に入らなかったので最終的にイスコクロースを交代させた。しかし他の2選手を変える可能性もあった。交代を行う必要があったんだ。我々はハーフタイムにそれを行い、ピッチをオープンに使い、前線からプレスをかけ異なるやり方で試合に入ったし、全てがより良くなった。前半の責任は私にある」

「我々は皆、同じことをするためにここにいる。交代選手が試合を変えたが、何よりもハーフタイムに2選手を外したことを不快に感じている。しかし何かをしなければいけないかったので、我々はそれをやったんだ。後半、それは全員の問題であったし、我々は自分たちが今までやってきたこと全てで、よりインテンシティを持ち自分たちの姿勢を変えたんだ。私は選手たちに満足している。アトレティコは前半、我々は後半、とてもいいプレーをした。我々が勝利し勝ち点3を獲得するに相応しい試合だった」

ハーフタイムのメッセージ
「ロッカールームで起こったことをここで言うつもりはない。他のことをやらなければいけなかったし、我々は後半、少しシステムを変え、はるかに素晴らしいことをやった。皆にとってポジティブだった」

左サイドのビニシウスJrとメンディ
「彼ら2選手はともにいい仕事をしてくれたし、あのゴールが全てを物語っている。そしてまた右サイドでルーカスもとても良かったし、カルバハルとの素晴らしい連携があった。チーム全体に満足しているよ」

難しいダービー
「我々はダービーが常に特別であり難しいことを分かっている。苦しんだが、全ての面で守備が非常に優れたチーム相手だと普通のことだ。彼らは守備をして快適さを見つけていたが、それだけでなく前半いいプレーをやっていた。しかし最終的にただの勝ち点3だ。我々はこの勝ち点3に満足しているが、他の試合と同じ勝ち点だよ」

我々は今日、素晴らしいライバル相手に褒美を得た

「守備をすることは全員の問題であるし、我々全員がやっていることだ。なぜならボールを失った時、各々が素早く奪い返すためにプレスをかけているからね。人々はいいプレーをするチームを見にきているし、私は前半のやり方でプレーするのを好きではなかった。後半、我々は姿勢を変えた。常にいいプレーをすることはできないし、今日は苦しんだ。しかし最終的に人々は試合後、選手たちのやった頑張りのおかげだと言うだろう。我々は今日、素晴らしいライバル相手に褒美を得た」

5人のMFのシステム
「先日、我々はスーパーカップ準決勝のバレンシア戦をこのやり方でプレーしとても良かったし決勝戦もそうだった。今日はうまく機能しなかったが、その責任は私にある。フィジカル的に試合に入るのに苦しんだし、ボールを持った時に少し雑だった。でも最終的にやるべきことは機能しないことがある時、変更しなければいけないということだ。私は誰かを責めるのは好きではないし、イスコクロースに対してはなおさらだ。彼らはとても素晴らしいからね。我々は後半うまくいったし、私は彼らやチームに満足している」

アトレティコのクレーム
「私はそれを見ていないし、いつも通りその手のことに介入するつもりはない。私は主審がベストの位置にいたと思うし、最終的に何もなかったと言っていた」

ベイル
「起用できる状態だったが、その後で私は選ばなければいけなかったし、他の選手を選択した。彼は集中しているし、練習に取り組むはずだ。そして私は最後まで彼を戦力に加えるつもりだ」

3
「私はそのことを考えてはいない。我々は試合に勝ったばかりであり満足しているが、先は非常に長い。リーガ国王杯チャンピオンズリーグでたくさんの試合が残っているからね。我々は何にも勝ってはいないんだ。我々はスーパーカップに優勝したが、シーズンは非常に長い」

検索