EmiratesAdidas
Real Madrid - Real Sociedad

3-1:逆転、そしてリーガ優勝争いへ向け勝ち点3追加

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 23/11/2019 | Alberto Navarro

ベンゼマ、バルベルデ、モドリッチのゴールでレアル・ソシエダが決めた先制点からのビハインドを跳ね返した
  • リーガ
  • 14節
  • 土, 23 11
サンティアゴ・ベルナベウ
3
1
レアル・マドリードが序盤にウィリアン・ジョゼが決めた先制点から逆転、重要な勝ち点3を勝ち取りバルセロナとポイント差無しの首位となっている。レアル・ソシエダのゴールはキックオフ早々の2分に生まれた。ラモスクルトワへバックパスをしたがウィリアン・ジョゼがこれをカット、無人のゴールへボールを流し込んだ。

リードを許す展開となったがレアル・ソシエダは15分に追加点のチャンスを迎える。オヤサバルがクロス、ウーデゴールが合わせられずウィリアン・ジョゼがゴールエリアでクルトワに止められた。2分後にホームチームが反撃、メンディが右足のロングシュートを放ちレミロがこれを防いだ。

得点チャンス
試合は動きのある展開で、両チームがチャンスを迎えるなかホームチームが得点を狙った。アザールがボールを受け、対峙するサルドゥアを交わしシュートを放ったがレミロが素晴らしい反応を見せた。レアル・ソシエダも反撃に転じウーデゴールがロングレンジから力強いシュートを放ったが、ボールはクルトワの手に収まった。

ベンゼマが3試合連続のゴール

試合時間は経過しハーフタイムを前にホームチームが同点に追いつく。37分にモドリッチのフリーキックをベンゼマが肩で押し込んだ。リーガのピチチは再びの得点マークで、これで3試合連続で計5得点を稼ぎ出している。

バルベルデが再びゴール
後半はこれ以上ない形での滑り出しになった。47分、モドリッチがゴール正面でボールコントロール、バルベルデへパスすると、ウルグアイ代表選手が放ったシュートはオヤサバルに当たりコースが変わってレミロには止めるのが不可能だった。ロス・ブランコスはリードを掴み、62分に点差を広げるチャンスを手にする。バルベルデアザールへヒールパス、相手2選手を交わしゴール正面からシュートしたがレミロが得点を許さなかった。

モドリッチが駄目押し点
試合はマドリードが支配していたものの、スコアは引き続き余談を許さない展開だった。勝利が決定的となったのは74分のモドリッチがゴールを決めたから。ロドリゴに替わり途中出場していたベイルがクロス供給、ベンゼマが頭で落としモドリッチが左足のボレーシュートを突き刺した。試合終了の前となる83分にはクルトワが1対1となったイサクのシュートを阻んだり、ロスタイムに攻め込んだベイルがシュート、ボールは相手ゴール前を転々と横切ったがこれを押し込む選手はいなかった。レアル・マドリードは最近6試合で5勝(残るは引き分け1)とし、さらにベルナベウで無敗を継続している。

検索