EmiratesAdidas

Valladolid - Real Madrid

1-4:ベンゼマの2ゴールで逆転勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 10/03/2019

レアル・マドリード、バジャドリードでベンゼマの2ゴールとバランとモドリッチのゴールでリーガのアウェーゲーム5連勝を達成
  • リーガ
  • 27節
  • 10/03/2019
ホセ・ソリージャ
1
4
レアル・マドリードがホセ・ソリージャでリーガのアウェーゲーム5連勝を達成した。バジャドリードが1-0にした前半は苦しめられるも、ホームチームのプレッシャーをを克服し、バランベンゼマ(2ゴール)、モドリッチのゴールで逆転勝利を収め、重要な勝ち点3を積み重ねた。

ロス・ブランコスはキックオフからハードワークを求められた。バジャドリードが激しく攻め立て、12分にオスカル・プラーノがオドリオソラに倒されてPKを得るも、アルカサルのキックはゴール上を越えていった。その1分後にも再び素晴らしい個人技でケコにパスを出したオスカル・プラーノが主役となる。しかしケコのクロスからグアルディオラがゴール決めるも、VARにオフサイドで取り消された。

反撃
バジャドリードはきつく締めつけるも、18分に再びグアルディオラのゴールがVARに再びオフサイドで取り消された。しかし30分にホームチームに先制点が訪れる。ケコがクロスを上げ、グアルディオラがアクロバティックなプレーでアヌアールが難なく決めたゴールをアシストした。一方のレアル・マドリードはその4分後に反撃を開始。クロースの蹴ったCKをカゼミーロがヘッドで合わせ、マジップがクリアミスしたボールをバランがゴールに蹴り込み同点にした。さらにロス・ブランコスにはアドバンテージを手に入れてハーフタイムを迎えるチャンスがあったが、45分のカゼミーロの強烈なロングシュートはマジップにファインセーブされている。


レアル・マドリードはリーガでDF陣が最もゴールを決めているチームになっている(11ゴール)

後半は2度の驚きでスタートする。47分にアントニートが上げたクロスが誰にも合わずにゴールラインを横切ると、その2分後にはアヌアールがクルトワとの1対1を迎えたが、ゴールを決められなかった。一方、より効果的にプレーしたレアル・マドリードはハーフタイム後最初にペナルティエリアに迫ったチャンスでリードする。オドリオソラがペナルティエリア内でオスカル・プラーノに明らかなファールで倒されて得たPKを、ベンゼマがマジップの逆をついてゴールを記録した。ロス・ブランコスがPKを失敗することはなく、今シーズン蹴ったPK全てを決めている。

ベンゼマの2ゴール
このゴールがロス・ブランコスを元気づけて試合の明らかな支配者となり、さらに点差を広げるチャンスを掴んだ。57分、アセンシオの相手のライン間を通す美しいパスからセバージョスがボレーを放つも、マジップに防がれCKになった。そしてその2分後に追加点が訪れる。クロースの蹴ったCKから、ベンゼマがGKの全く何もできない素晴らしいヘディングで合わせゴールを記録した。

時間が経過しバジャドリードが再び負ける気がないことを証明した。しかし77分にヴェルデの蹴ったCKからグアルディオラがボレーシュートを打つもポストに阻まれた。またその3分後にカゼミーロがイエローカードを2枚をもらい退場になった。ロス・ブランコスは一人少ない状態で残り10分間に対峙しなければならなくなったが、点差を維持するだけでなく、さらに85分にモドリッチの美しいゴールでリードを広げ、ホセ・ソリージャで重要な勝ち点3を積み重ねている。

Buscar