EmiratesAdidas

Real Madrid - Celta de Vigo

6-0: ベルナベウの今季最終戦でゴールのオンパレード

ギャラリーを見る

マッチレポート | 12/05/2018

ベイル(2)、イスコ、アクラフ、セルジ・ゴメス(オウンゴール)、クロースの得点がレアル・マドリードにセルタ戦勝利をもたらした
  • リーガ
  • 37節
  • 12/05/2018
サンティアゴ・ベルナベウ
6
0
レアル・マドリードは盛大な形でサンティアゴ・ベルナベウにお別れを告げた。ロス・ブランコスは地元ファンを前にしたシーズン最終戦でセルタ相手にゴールラッシュを披露した。ベイルがスーパーゴールを含むドブレテ、イスコもこれに続き、さらにアクラフ、セルジ・ゴメスのオウンゴール、クロースが連続ゴール。リーガ残り2戦で攻撃面での能力の高さを発揮して勝利した。またキエフでのチャンピオンズリーグ決勝の2週間前に控え圧倒的な得点力を示すエキジビションにもなっている。

試合は両チームが互いに主導権を握る展開でスタート。マドリードはアクラフが、セルタはボジェがそれぞれ最初に相手ゴールに迫った。しかし均衡を破ったのはベイル。13分にケイラーが自陣ゴール前からプレーをスタート。モドリッチがボールを受け走り込むウェールズ代表選手へつないだ。並走する相手選手を抜き去ったベイルはポスト際へのコントロールシュートでセルヒオを破った。1点をリードしたジダン監督のチームはゲームを優位に進める。ただセルタはホサベがマドリードのゴールネットを揺らしたものの前のプレーでヴァスのオフサイドがあり得点は認められなかった。

スーパーゴール
2−0になったのは30分。スピード、パワフルさ、決定力というベイルの特徴が改めて輝くゴールだった。相手守備陣の背後を突いてイスコからのロングパスをコントロールするとジョニーを交わし左足から力強いシュートを決めた。2分後今度はイスコが鮮やかなゴールを挙げる。マラガ出身の選手は左サイドでエリア付近に侵入、右足のインフロントキックで逆サイドのゴールネットを揺らした。マドリードが前半でゴールショーを展開した。

セルタ戦のドブレテによりベイルは2018年14ゴール

ロス・ブランコスはさらに点差を広げるべく後半に臨む。ベンゼマが相手守備ライン間の盲点を突いて得点チャンスを演出。これを起点にアクラフが4−0とする。攻撃参加したサイドバックの選手がエリア内からセルヒオを破った(52分)。マドリードは疾風のように攻め掛り、相手エリアに迫るたびに得点機を迎えた。57分、ベンゼマのシュートがベイルに当たりゴールが決まったがイスコのポジションが妥当なものではなかったとして取り消された。

ジダン監督はマジョラルとアセンシオを投入。後者は最初のプレーで5点目を決めるチャンスがあったが、シュートはパブロ・エルナンデスが防いだ。72分、ドブレテを決めこの日の主役になったベイルがルーカス・バスケスと交替。2分後にはアセンシオのクロスをセルジ・ゴメスがボール処理を誤ってゴールを献上した。

クロースが打ち止め弾
ロス・ブランコスはその後も試合終了までゴールを狙う。マジョラルが78分にチャンスを迎えたが、すぐあとにクロースが6−0とした。ドイツ代表選手はエリア内でマジョラルのアシストを受けシュートを決めた。お祭り騒ぎは続き83分、モドリッチがゴールポスト直撃のシュート。ジダン監督のチームはさらに攻撃を続けたが試合は6−0で終了。ベルナベウでのシーズン最後の戦いでこれ以上ない感覚でのお別れになった。

Buscar