EmiratesAdidas
Espanyol - Real Madrid

ケイラー・ナバス:これらの試合から学んで次につなげないといけない

ニュース | 27/02/2018

「いい前半をしていたけど後半は全く違った」とマルコス・ジョレンテ
 
RCDEスタジアムの試合後、メディアに応対したケイラー・ナバスはエスパニョール戦について振り返った。「もちろん、悲しい気持ちで家路につく。勝利が欲しかったけど結果として敗れてしまった。これらの試合から学んで次につなげないといけない。この試合を含めて負けてもいいやと思う試合はひとつもない」
 
「自分たちにとって上手く物事が運ばない流れだった。難しい試合になることはわかっていたが、自分たちはプロとしての戦いをしないといけない。これまで通りにサッカーに取り組んでいく以外の方法はない」
 
「難しいシーズンだ。他のシーズンよりも良い結果が出るシーズンもある。誰かに責任を押し付けるような真似があってはいけないし、自分たちは全員でチームだ。ピッチの中にいる選手は勝つことも負けることもあるが、結果はグループでのもの。」
 
マルコス・ジョレンテ:全力を尽くして勝ち点3を取りにいった
「いい前半をしていたけど後半は全く違った。相手はプレスをもっとかけてきた。全力を尽くして勝ち点3を取りにいったが、守備の一瞬の隙きをつかれてゴールを決められてしまった」
 

マルコス・ジョレンテ:緊張感がなかったわけではない、ゴールが足りなかった

「勝ち点差を自分たちは考えていないし1試合ずつ戦っていく。チームに緊張感が足りなかったわけじゃない。ゴール、決定力が足りなかった。今日のような守備のミスをしっかりと修正しないといけない」
 
ローテーション

「それは監督が決めることで、監督はこれが自分たちにとって一番だと思うもの考えているし、選手はそれを受け入れないといけない。チャンスは作っていたが入らなかった。最後に相手に点を取られてしまった。試合出場の少ない選手達は試合に出た時にチャンスをものにしないといけないし100%の力を出さないといけない。それは自分がピッチに入った時にいつも心がけていること」
 
PSG
「チームは落ち着いているし、PSG戦から良い流れを掴んでここまできている。まずは週末の試合に全力を尽くすし、その後に大事な勝利を持ち帰る戦いであるパリのことを考える」
 
 

検索