EmiratesAdidas
Real Betis - Real Madrid

3-5:レアル・マドリードが白熱した試合を制す

ギャラリーを見る

マッチレポート | 18/02/2018

レアル・マドリードのリーガ通算6,000ゴール目を記録したアセンシオの2ゴールとセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマのゴールがベニート・ビジャマリンでチームに勝ち点3をもたらせた
  • リーガ
  • 24節
  • 日, 18 2
ベニト・ビジャマリン
3
5
レアル・マドリードが両チームに多くのチャンスが訪れ合計8ゴールが生まれ、非常に見所が多く白熱した試合でベティス相手に勝ち点3を積み重ねた。試合は11分に動いた。ルーカス・バスケスのパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドがペナルティエリア内からシュートし、GKアダンの弾いたボールに対して非常に素晴らしいポジショニングを取っていたアセンシオが正確なヘディングシュートで決め先制した。

このゴールに刺激されたホームのベティスはその後、同点にするチャンスを2度掴んだ。まず22分にホアキンの蹴ったCKからマンディがシュートを打つも僅かに枠を捉えられなかった。さらにその5分後、ホアキンがFKから直接ゴールを狙うもGKケイラー・ナバスがファインセーブした。

マルセロに代わりテオが出場
30分が経過したところでジネディーヌ・ジダン監督は最初の交代を余儀なくされ、負傷したマルセロに代わりテオが出場した。ベティスはレアル・マドリードの支配を逃れ、ハーフタイム前までにスコアをひっくり返した。33分にホアキンのクロスからマンディがヘッドで同点にすると、その4分後にはジュニオールがホームチームのカウンターをうまく仕上げた。そのシュートをケイラー・ナバスが弾き後ろにこぼれたボールをゴールラインを割る前にナチョがクリアしようとするもオウンゴールを記録した。

クリスティアーノ・ロナウドがここ6試合で10ゴールを記録

レアル・マドリードはハーフタイム後、逆転を目指してロッカールームを飛び出し、後半開始5分後に試合を再び振り出しに戻した。ルーカス・バスケスの蹴ったCKをセルヒオ・ラモスが誰よりも高く飛び、打点の高いヘッドでGKアダンを破った。レアルは素晴らしい時間を過ごし、ベイルが2度GKとの1対1を迎えリードするチャンスを掴むもアダンにファインセーブされた。

アセンシオが2ゴール
アウェーのレアル・マドリードの3点目は時間の問題となり、実際その2分後に訪れた。右サイドで2選手を突破するスペクタクルなプレーを披露したカルバハルがマイナスのパスを送ると、アセンシオがレアル・マドリードのリーガ通算6,000ゴール目を素晴らしい形で決めた。さらにリードしたロス・ブブランコスは65分に点差を広げる。ペナルティエリア内でパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドがマンディをかわし、2人のDFの間に小さな隙間を見つけて強烈な右足のシュートを放ちアダンを撃ち抜いた。

しかし試合はまだ決まらなかった。85分にセルヒオ・レオンがゴールを決め、スコアが不安定な状態に戻った。しかし89分にクリスティアーノ・ロナウドと交代しピッチに入ったベンゼマがアディショナルタイムにゴールをマークし勝利を決定づけ、レアル・マドリードはリーガの勝ち点9が賭かる今週を最高の形でスタートした。

検索