EmiratesAdidas
Real Madrid - Leganés

セルヒオ・ラモス:つらい状況だが、しっかりとサッカーに取り組み団結しないといけない

ニュース | 25/01/2018

「全員に責任があるし、悪い状況からもその状況を変えるために学ばないといけない」とキャプテン
レガネス戦後、メディアに応対したセルヒオ・ラモス。「一番にこの結果に満足していないのは自分たちだ。目標を遠ざける敗戦だからね。つらい状況だし、残りのシーズンを捨てないためにも一つにならないといけない。しっかりと取り組んで唯一残されたカード、チャンピオンズリーグに集中しないといけない。今日、勝ったチームを祝福すべき。全てにリスペクトを欠くことはないが、格下と思われるチームに負けたことは一つの失敗だ」
 
「タイトルを獲得し栄光の時を過ごした後、この結果を受け入れることは本当に難しい。全員に責任があり、監督だけの責任ではない。悪い状況からもその状況を変えるために学ばないといけない。全員に少しずつ責任があって、この状況にサポーターが辛い思いをしていることを自分たちは理解している。サッカーは気持が影響するものだし、彼らがどんな気持かはわかっている」
 
自己批判
「自分に成功への飢えが足りないということはまったくない。変わらぬタイトル獲得ヘの強い思いを持って目覚めるし、世界を制覇しようという思いを持っている。毎年ゼロにリセットしている。結果が出ない時にそういう話をすることは簡単なことだ。誰かに責任を押し付けることがあってはいけなくて、自己批判をすることが大事だ。チャンピオンズリーグで良い役割を務めないといけない」
 
精神状態
「チームはしっかりとトレーニングをしているし取り組んでいる。フィジカルの問題ではない。メンタルはより大きいものだし、大きく見た時にはフィジカルよりも気持やメンタルのテーマの方を先に解決しないといけない。ジズーはいつだって自分たちの信頼を得ている監督。良い時もそうだし、今の状況でもそうだ」
検索