EmiratesAdidas
Real Madrid - Gremio

ロナウド、決勝のMVPに

ニュース | 16/12/2017

「とても幸せ。僕らは良い試合をし、勝利者に相応しかった」と試合後にコメント
クリスティアーノ・ロナウドがクラブワールドカップ決勝のMVPに選出された。フリーキックからこの試合唯一の得点を決め、レアル・マドリードにタイトルをもたらしたポルトガル代表選手は新たなタイトル獲得に満足感を示した。「素晴らしい。僕らが勝ち取りたいと思っていたタトロフィーだった。好チームと対戦するというのは分かっていた。僕はとても幸せ。僕らは良い試合をし勝利者に相応しい」。

「レアル・マドリードはこれまで1年で5タイトルを勝ち取ったことが一度もなく、ジダン監督はだからこそしっかりやって行こうと僕らに言った。僕らは良い試合をし勝利者に相応しかった。チームの出来は並外れたもので、僕らはさらにもう1つのトロフィーを手に入れた」。

クラブワールドカップの最多得点選手
「記録は自然な形で訪れるものだ。クラブワールドカップの最多得点選手になるのは僕をとても満足させてくれるものだ。僕はピッチの中で話をしているし、それが僕の仕事なんだよ。そして常にベストを尽くし、僕のサッカーで人々を楽しませることを心がけている。僕はトレーニングを続けてプレーし、自分の好きなサッカーを楽しむためのモチベーションを感じている」

集団及び個人レベルで物事を勝ち取リ続けるためのモチベーションを保ち続けている

「僕は自分自身についてコンスタントに話す必要はない。数週間前、バロンドールを獲得した時に話さなければいけないことを話したし、今も同じことを考え続けている。僕は大きな自信を持っている人間であるし、数字は嘘をつかずそのことを物語っている。僕は集団及び個人レベルで物事を勝ち取リ続けるためのモチベーションを保ち続けているよ」

レアル・マドリードで引退したい?
「もし可能ならそれを望んでいる。でも物事は僕次第ではないからね。僕自身によるのはピッチの中だけだ。僕がこのクラブの指揮を執っているのではないし、彼らが責任者だ。僕はピッチの中で自分の仕事をしている。もし可能ならそうしたいが、そのうち分かるよ」

検索