EmiratesAdidas
Girona - Real Madrid

ジダン: 「巻き返しは可能」

ニュース | 29/10/2017 | Javier García (Gerona)

「リーガの戦いは非常に長く、心配はしていない」と監督
ジネディーヌ・ジダン監督がジローナ戦のあとモンティリビの会見場でメディア対応した。「足らなかったのは2点目。我々は前半良いプレーをし、サッカーではちょっとしたディテールで勝負が決まる。相手の1点目はスローインから始まったもので、こっちは的確なプレーができなかった。それ以上のことを考えるべきではない。前半の状態は良かったが後半は少し悪かった。我々はこの状態から立て直す。試合を見直し、細かな部分を分析する」。

「我々は2点目を取るだけのチャンスがあった。1−0とリードしてハーフタイムを迎える時には、後半相手がダメージを与えることがあると考えなければならない。相手チームはダイレクトなプレーをし、素早くサイドに展開してこぼれ球を狙うスタイル。この部分で我々は足りない部分があった。しかし我々は次の試合のことを考え、リーガの戦いはとても長いと考えなければならない。先は長く心配はしていない。我々はこの状態から巻き返して行く」。

選手たちの努力
「選手たちは素晴らしい取り組みの姿勢をみせた。我々は最後まで戦い、すべての選手が全力を尽くした。勝ち点3を取れず首位との差は8ポイントになったが、やることは変わらない。巻き返しが可能だということを我々は分かっている。今後より幸運に恵まれることがあるし、ライバルチームはシーズンが進む中でポイントを落とすだろう」。

我々は最後まで戦い、すべての選手が全力を尽くした

「唯一私が気にするのは勝ち点3で、勝負を決める可能性があったということ。意欲や激しさは欠けていない。我々はこれまでしっかりやってきた仕事を続けて行く。仕事をしていないということではない。心配はしていない。サッカーではちょっとしたディテールで勝負が決まる」。

リーガ
「リーガの戦いが面倒だということではない。我々の日常なのだから。我々が勝ち点3を落とし、それは想定していたものではなかったというのは事実。4勝したあとこの試合を考えてはいなかった。選手たちの今シーズンのリーガへの意欲はこれまでと変わっていない」

チャンピオンズリーグ
「水曜にはチャンピオンズリーグの試合があるからまずは休息を取る。この試合のことを分析しなければならない。敗戦には何らかの理由があるが、取り組みの問題ではない」。

ベイルの状態
「リハビリを続けている。敗戦のあとで満足しているってことはない。今日は悪い日になったが、家に帰り少し休んで英気を養う。水曜日にはチームは良い状態になっているだろう」。

検索