EmiratesAdidas
Real Madrid - Sporting de Portugal

2-1:モラタのゴールで劇的な逆転勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 14/09/2016 | Alberto Navarro

C・ロナウドのスペクタクルなFKからのゴールと生え抜きモラタの劇的ゴールでスポルティングCPに勝利
  • チャンピオンズリーグ
  • 1節 (グループリーグ)
  • 水, 14 9
サンティアゴ・ベルナベウ
2
1
レアル・マドリードは今シーズンここまで公式戦全勝を続けている。チャンピオンズリーグ初戦、スポルティング・クラブ・デ・ポルトガル戦でもチームは勝利を手にし、連勝記録を5に伸ばした。前日の記者会見でジダンが警戒していたように決して簡単な試合ではなかった。サンティアゴ・ベルナベウに駆けつけたサポーターは愛するチームの勝利を確認するために最後の最後まで待つ必要があった。そう、審判の試合終了の笛が鳴るまで勝利への信頼を無くすことのないチームの歓喜の瞬間を見守るために。
 
前半は均衡した戦いだった。両チームとも決定機と言える場面を作ることが出来ずに無得点でロッカールームへと戻る。9分にジェルソン・マルティンスが逆サイドを狙ったシュートを放つが、カシージャが素早い反応を見せゴールを許さない。27分、今度はマドリードにチャンスが回る。クリスティアーノ・ロナウドがミドルレンジからシュートを放つが、ここはルイ・パトリシオがCKに。また、43分にもポルトガル代表FWはFKからゴールを狙ったがわずかにバーの上を超えていった。

 許してしまった先制点
後半開始直後、チームは試合の流れを掴むことが出来なかった。47分、両チームの選手がしっかりと処理することが出来なかったフリーボールはブルーノ・セザルの前にこぼれ、カシージャの手の届かない逆サイドへとブルーノ・セザルがボールをコントロールするとネットが揺れた。逆転劇を演じることを強いられたチームだが、レアル・マドリードは最後まで勝利を諦めないチームだ。アドレナリンが選手の体に流れるとチームの反撃の狼煙が上がった。
 

マドリードは今シーズンここまで公式戦5試合全てに勝利

スポルティングCPは自陣で守備を固め始めていたが、カルバハルが試合を振り出しに戻してもおかしくないチャンスを作る。ルーカス・バスケスのクロスから右サイドバックがボレーシュートを放つが、僅かにボールはゴールから外れていった。
 
FKのスペシャリスト
終盤になりチャンスが少しずつ生まれていく。残り10分はホームチームの独り舞台であり、ライバルにとっては苦しい時間になる。83分、ルーカス・バスケスのクロスが上がった時、スタンドは同点ゴールの歓喜の準備をする。だが、クリスティアーノ・ロナウドの左足のシュートはポストを直撃。1分後、再びカルバハルがゴールを狙う。ハメスのスペクタクルなクロスにカルバハルが後方から走り込みボールが地面につく前にインパクトを与えたが、残念ながら枠内をとらえることが出来ない。
 
だが、それでもマドリードはゴールの匂いを感じさせ、89分にその時が訪れた。エリア手前でのFK、キッカーはスペシャリストのクリスティアーノ・ロナウド。彼の右足から放たれたボールはルイ・パトリシオの手に触れたが、ゆっくりとネットへと吸い込まれた。

モラタ決勝点
レアル・マドリードにあきらめの言葉は似合わない。特にベルナベウでの試合では尚更だ。アディショナルタイムにハメスが左サイドでボールをコントロール。顔を上げエリア内の状況を確認する。そしてそこにモラタが現れた。空中戦の帝王は、幕を開けた今シーズンのチャンピオンズリーグで、欧州王者が最初の勝利を手にするための大事なゴールをヘディングで決めた。
 

検索