1. Close
    リーガ18節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    アスレティック・クラブアスレティック・クラブ
    試合情報
    リーガ, 18節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     12/22/2019
    21:00
    VIPチケットを購入する

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    ユーロリーグ13節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    オリンピアコスオリンピアコス
    試合情報
    ユーロリーグ, 13節
      WiZink センター
     12/12/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    ユーロリーグ21:00レアル・マドリードvsオリンピアコス

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Visita a la Comunidad de Madrid y al Ayuntamiento de Madrid

バスケットボール・リーガ優勝報告

ギャラリーを見る

ニュース | 23/06/2016 | Nacho Díaz

フロレンティーノ・ペレス会長は「才能と逆境を跳ね返す精神力、そして素晴らしいプレーに溢れた勝利」とは話した。
レアル・マドリードがバルセロナを破って水曜日に勝ち取ったバスケットボールのリーガ(スペインリーグ)優勝を報告した。フロレンティーノ・ペレス会長やクラブ幹部メンバーがサンティアゴ・ベルナベウから出発し、マドリード市役所のあるシベーレス宮殿を訪れた。ここでは女性市長のマヌエラ・カルメナ市長が一行を迎え入れた。

まず初めにロス・ブランコスのペレス会長が挨拶を行った。「我々は再び自分たちの家に戻って来ることができました。それはすべてのマドリードの人々の家です。このバスケットボールチームが新たな勝利と共に戻って来きました。これは才能と逆境を跳ね返す精神力、そして素晴らしいプレーに溢れた勝利です。何故ならば、このチームは唯一無二の存在だからです。ここにいる選手・監督はレアル・マドリードを再びバスケットボールの伝説的な存在にしました。君たちは決して諦めることなく、全力を尽くし最後まで戦ってくれました」

夢の達成
「我々はマドリード市から受けているサポートに感謝しており、全世界に向けてマドリードの名を冠すことをとても誇りに思っております。我々にとって常に目標にしているのは、レアル・マドリードを愛するすべての人々の夢を実現し、我々のエンブレムとユニホームに対する情熱を感じ取ることです。このバスケットボールチームはレアル・マドリードのすでに伝説の一部分なっており、マドリディスモの価値観の中で象徴的な存在になっています」

キャプテンの言葉
フェリペ・レジェスは会長とともに、市長にユニホームをプレゼント。さらに全選手のサインが入ったユニホームと優勝トロフィーのレプリカを贈った「僕らがここを訪れるのは今年で2回目です。自分達がこの偉大なクラブの歴史において、これまでの歴代のチームを代表して、改めてナンバーワンのクラブにすることができてとても光栄です」と挨拶した。

レジェス:「このクラブを代表し、相応しい場所にマドリードを据えることができるのは誇り」

「会長に感謝しなければならない。何故ならば会長の存在なくしては何もできないだろうから。彼はバスケットボール部門を大きくサポートしてくれていて、レアル・マドリードが最高の位置を占めることができるように取り組んでくれている。同様にファンにも感謝しなければならない。彼らは僕らの6番目の選手で、毎日のように僕らをサポートし、試合ではいつも100%の力で後押ししてくれている」

マヌエラ・カルメナ市長: 「君たちのチームはマドリードの象徴」
「あなた方はもう何度もここを訪ずれてくれていて市役所の偉大な友人であり、通算33回目のスペインリーグ優勝を果たしたのはファンタスティックなことです。いつも言っている事ですが、あなた方が表現しているインテリジェンス、モチベーション、ハードワークはとても重要なことです。今朝、リュル選手のメッセージを聞きましたが、それは『戦術はとても大事だが決定的なのはハート』だということでした。ハート、情熱、気持ちの高まりは絶対的なものです。チームはマドリードの象徴となっており、とても感謝しています。マドリードの街を共により良くしていきたいと思っています」

このあと一行はラ・レアル・カサ・デ・コレオスにあるマドリード自治政府を訪れた。州知事のクリスティーナ・シフエンテス知事と記念品の交換をし、ペレス会長は「前回訪れた時に、再びここに戻って来ることを誓いましたが、今回改めて訪れることができました。リーガ2連覇を成し遂げ、連覇というのは我々のクラブとしては22年間ぶりのことです。これは伝説的なチームの並外れた選手達のおかげで成し遂げられました。5年間で12のタイトルを勝ち取っています。なにより我々は一つのアイデンティティーとエンブレムを感じるハートを持っています。このチームは鮮やかなプレーで見る者を魅了し、そして常に勝負に勝つという結果を残すことができるチームです」と述べた。

才能と偉大さ
「レアル・マドリードと世界中でこのクラブを愛しているすべての人々は、この選手たち・監督・コーチ陣を誇りに思っています。パブロ・ラソ監督は歴史的な象徴的存在になりました。我々は世界的なクラブであり、あらゆる人々のための存在であるべく、マドリードの地から力を得ています。我々はバスケットボールの歴史の中で素晴らしい時代をすごしています」

シフエンテス知事:「あなた方は最高の存在で、あらゆる人々にとっての象徴」
「監督・選手のおかげでそのスポーツマンシップと競争心のレクチャーを日々受けています。マドリードのバスケットボールが再び勝利を掴むということは、私を満足させるものでもあります。私を含め、マドリディスタにとってこの偉大なチームを迎え入れることはとても幸運なことです。君たちは最高の存在で、ありとあらゆる人々にとっての象徴です」

恒例となっている記念撮影のあと、選手・監督は自治政府庁舎のバルコニーに出てソル広場に集まったファンに挨拶をした。集まった人々は「カンペオーネス、カンペオーネス」と熱狂した。レジェスは「僕らはここに来ることができることをとてもうれしく思っているし、みんなにこのトロフィーを捧げたい。これは君たちのもの。本当にありがとう。アラ、マドリー!」とスピーチした。

検索