EmiratesAdidas
Mahou de Lucas Vázquez

ルーカス・バスケス:「ジダンと一緒に働けるのは喜び」

動画を見る

ニュース | 25/05/2016

「自分たちのレベルでプレーできれば、うまく競える」とマオウが開催したロベルト・カルロスとの対談で話した。
ルーカス・バスケスが、シンコ・エストレージャス・マオウ(スペインビール)のロベルト・カルロスとの対談イベントに参加。2人はチャンピオンズリーグ決勝について語った。「アトレティコはとても難しい対戦相手。すごく良い守備をするし、相手のミスをうまく活かす。自分たちのレベルでプレーできれば、うまく競える。僕たちは勝ちたいと思っているし、だからこそ希望と活気に満ちて準備に励んでいる。試合が始まるのを心待ちにしているんだ」とマドリードのFWは述べた。

「チャンピオンズリーグの決勝でカンテラを代表するのは、光栄だし誇りに感じる。クラブレベルで最高のことだ。1年を通してやってきていることと同じことをするべき。この試合の重要性をできるだけ考えないほうが、プレッシャーを軽減できる」

ジダンを賞賛
「ジダンと一緒に働けるのは、1つの喜び。小さい頃から彼のプレーを見てきて、自分の監督がトッププレーヤーであり、バロンドール受賞者であることはすごいこと。彼から日々、いろんなことを学んでいる。ボールを中心に取り組むフィロソフィーだから新しい考えの監督だけど、サッカーに必要なフィジカルの部分も忘れない。選手の好むことを知っていて、彼とやってきたのと同じように選手たちに楽しんでほしいと思っている。それはとても大事なことだ」

CL決勝でカンテラを代表するのは光栄なこと。

「チームに入った当初からとても良くしてもらっているし、すべてに関して世話を焼いてくれ、手を貸してくれている。チームメートたちにはとても感謝してるよ」

ロベルト・カルロス:「アドバイスできることは、楽しんで来いということ」
「自分は考えすぎて、あまり寝てなかった。君はピッチに入って楽しんでくれ。プレー時間が10分だろうが90分だろうが構わない。重要なのは、プレーする時にクラブのため、チームメートのために自分が何をすべきか知っていることだ。試合が終わった時に家族からおめでとうと抱きしめられるのが最高の瞬間だよ」

「自分がアドバイスできることは、楽しんで来いということ。世界中にこの決勝でプレーすることを望むたくさんの選手たちがいて、世界中がサンシーロに注目しているんだからね。メンタルと心の準備を整えておくことだ。CL決勝でプレーするのは異なる感覚だからね。プレッシャーではない。楽しむんだ。そしてシーズンを通してやってきていることをやってこい」

検索