EmiratesAdidas
Real Madrid - Malmö

8-0: ロナウドとベンゼマがマルメ戦で歴史的なゴールラッシュを牽引

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 08/12/2015 | Alberto Navarro

ポルトガル人選手の4点、フランス人選手の3点、さらにコバチッチの1点で、レアル・マドリードはグループリーグ最終戦を有終の美で締めくくった。
  • チャンピオンズリーグ
  • 6節 (グループリーグ)
  • 火, 08 12
サンティアゴ・ベルナベウ
8
0
レアル・マドリードが好調期にあることを再び証明した。ロス・ブランコスはマルメ戦で歴史的なゴールラッシュを披露、3シーズン連続でグループリーグのホーム戦全試合に勝利したほか、公式戦の連勝を5に伸ばした。さらにクリスティアーノ・ロナウドは改めて、チャンピオンズリーグのグループリーグでの得点で新記録(11点)を作った。

先週土曜のヘタフェ戦のように、マドリディスタたちは序盤から好調な滑り出しを見せ、またもベンゼマが素晴らしい仕事をしてみせた。先制点はわずか12分のこと。左サイドでボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドがセンタリング。イスコが放ったシュートは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をベンゼマが確実に決めた。

30分かからずにドブレテ達成
ホームチームの勢いは相変わらずで9分後には追加点を挙げる。再びクリスティアーノ・ロナウドがセンタリング、ベンゼマがこれをヘッドで合わせ、美しい軌道でネットを揺らした。フランス人選手は2試合連続のドブレテ。すでに欧州大会の歴代得点ランキングで10番目(46点)となり、30分とかからずドブレテを達成した。

ベンゼマは欧州大会でマドリード選手として得点ランキング5位に

ロス・ブランコスにとって上々の展開となったが、チームは引き続き点差を広げるべく戦って行く。39分にサイドのフリーキックをクリスティアーノ・ロナウドが決めたが、その2分前にゴールが決まってもおかしくなかった。カゼミーロのパスからポルトガル人選手がゴールを狙ったが、ぎりぎりのところで相手選手にクリアされた。

ロナウドが歴史的な活躍
最高な形での後半スタートだった。前半の主役がベンゼマだったとすれば、後半の主役はクリスティアーノ・ロナウド。5分あまりで2ゴールを追加、49分にはカシージャがロディッチのシュートをセーブする。2点の起点となったのは、いずれも右サイドのダニーロから。47分、50分といずれもPKスポットからのシュートで連続ゴールを決めた。

ただこれが、今日のロナウドの最後のゴールにはならなかった。8分後にはさらに1点を追加する。また美しいプレーを経ての締めくくりだった。ベンゼマが相手2選手にマークされながらもヒールパスをイスコに通し、マラガ出身選手のセンタリングをポルトガル人選手が決めた。ロナウドはここまで11点でチャンピオンズリーグ、グループリーグの最多得点選手(11点)となった。

コバチッチが初ゴール
前半のチームの出来が良かったとすれば、後半はさらにエクセレント。さらにコバチッチが70分に得点をマークして、お祭りに加わった。右サイドでヘセが相手を交わしセンタリング、GKウィランドがクリアしたがこのボールを拾ったコバチッチが得点した。さらに74分にはベンゼマにハットトリックのチャンスもあった。2007季ベニテスが指揮していたリバプールがベシクタシュ戦で見せたのと同じゴールラッシュで、チャンピオンズリーグの歴史的な記録を達成。レアル・マドリードはピッチ上で楽しみ、ファンはベルナベウのスタンドで感謝の気持ちを示した。

検索