1. Close
    リーガ18節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    アスレティック・クラブアスレティック・クラブ
    試合情報
    リーガ, 18節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     12/22/2019
    21:00
    VIPチケットを購入する

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    リーガ・エンデサ節 12
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    サン・パブロ・ブルゴスサン・パブロ・ブルゴス
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 節 12
      WiZink センター
     12/08/2019
    20:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    リーガ・エンデサ20:00レアル・マドリードvsサン・パブロ・ブルゴス

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Celta de Vigo - Real Madrid

1-3:首位チーム、ビーゴで勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 24/10/2015 | Alberto Navarro

クリスティアーノ・ロナウド、ダニーロ、マルセロのゴールがセルタ戦を決め、レアル・マドリードの無敗をキープした。
  • リーガ
  • 9節
  • 24/10/2015
バライードス
1
3
レアル・マドリードは良い成績とともに、バライードスでハードな1週間を締めくくった。負傷者が多数いる中、ホームでレバンテ相手にゴールラッシュ、パリでPSGと引き分け、今日はアウェーでセルタに勝利した。ここ2試合はチャンピオンズリーグ・グループリーグ、リーガともに首位でプレーしたが、ロス・ブランコスは両方とも最高の形でこれを維持した。

試合開始から、真剣にコンパクトで集中して試合に臨むレアル・マドリードが見て取れた。最初の10分間、ロス・ブランコスはボールを支配し続ける。判断力を持って攻め、前線からプレスをかけ素早くボールを奪い返していた。それがゴールにつながる。カゼミーロが中盤でボールを奪うと、その後のプレーはスピードと決定力に集約されたものに。ルーカス・バスケスとクリスティアーノ・ロナウドがパスをつなぎ、ポルトガル代表FWが先制点を奪ったのだった。

ケイラー・ナバス
サポーターの後押しを受けるセルタは引き分けを狙い、前へと押し出てきて、18分には同点ゴールを決めるところだった。ペナルティエリア外からのオレジャナの左足のシュートは、ナバスが素晴らしいダイビングでセーブ。しかしその5分後、ホームチームの調子のよい時間帯にレアル・マドリードは周囲を驚かせる。ダニーロがマドリディスタとして初ゴールを決めたプレーはスペクタクルなものだった。クリスティアーノ・ロナウドが2人のDFを抜いた後、ヘセがノリートの裏に走ったブラジル代表DFに気がつきパスを送る。これをダニーロが決めた。

ダニーロがレアル・マドリードで初ゴールを記録。

ハーフタイム前には、ケイラー・ナバスがその反射神経を新たに2回証明してみせる。まず40分、サイドで2選手をかわすノリートの素晴らしいプレーからのマイナスのパスを、アスパスが受けペナルティスポットからシュートを放つも、マドリディスタGKが立ち塞がった。さらにその3分後、ノリートが蹴ったFKをパブロ・エルナンデスがヘディングシュートするも、コスタリカ代表GKが再びセーブ。

決定的チャンス
後半開始直後、ロス・ブランコスに3点目のチャンスが訪れた。49分、クリスティアーノ・ロナウドがボールを流し、ルーカス・バスケスがカブラルをスピードで振り切るも、GKセルヒオ・アルバレスはカンテラーノのループシュートを予測しボールを食い止める。そして57分、カブラルが抗議で2枚目のイエローカードをもらい、セルタが10人になると、そこから試合はより粗暴なものになった。おそらくそれにより2枚目のイエローカードをもらうことを避けるため、ベニテスは62分、ルーカス・バスケスからイスコに交代する決定をした。

クロスバー
試合は再び白熱し、マドリディスタたちは毎回チャンスを作っていった。イスコは周囲を驚かすのに、途中出場からわずか7分しか時間を必要としなかった。ペナルティエリア外でボールを受け2選手をかわし、クロスバーに当たる前にセルヒオ・アルバレスがボールにわずかに触る素晴らしいシュートを放ったのである。セルタが72分に類似したプレーをするも、ノリートのシュートはマルセロがゴールライン上でクリアする。

勝利を決めたマルセロ
85分にペナルティエリア外からスーパーシュートで点差を詰めたのが、このノリートだった。それから最後まで、パリでタフな戦いをした3日以内の試合でありながらも、レアル・マドリードは見事な踏ん張りをみせる。セルタの猛攻を食い止め、さらにマルセロの素敵なゴールで勝利を決めた。ロスタイムにチェリシェフがパスを送り、ブラジル代表SBはパスと見せかけフェイントでセルヒオ・アルバレスを地面につかせゴールを奪った。これでロス・ブランコスは首位、そして無敗をキープしている。

検索