EmiratesAdidas
Athletic Club - Real Madrid

1-2:ベンゼマのドブレテでレアル・マドリード首位に立つ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 23/09/2015 | Alberto Navarro (ビルバオ)

フランス代表FWの2ゴールが無敗を継続するロス・ブランコスの5連勝をサン・マメスで決定づけた。
  • リーガ
  • 5節
  • 水, 23 9
サン・マメス
1
2
レアル・マドリードが連勝を伸ばし続けている。チームはエンジンを始動させ公式戦6試合で無敗を継続した。より物事が困難な時は、より多くの価値を証明することができる。リーガの中で最も難しいスタジアムのひとつであるサン・マメスでマドリードは、ベンゼマのドブレテにより公式戦5連勝を記録。チームは最上の返答を見せ大きな報酬を手に入れている。ロス・ブランコスはセルタ、ビジャレアルと勝ち点で並ぶも得失点差でリーガ首位となっている。

ロス・ブランコスはきちんと後方からボールをつなぎ、非常によく組織されて試合に臨んだ。チームは白熱した前半を過ごし、勝利が難しい時に堅固になるということを分かっていた。そしてアウェーチーム最初のチャンスは14分だった。クリスティアーノ・ロナウドが頭でアシストするも、ベンゼマのアクロバティックなシュートはゴール上を越えていった。しかしそれはただの警告に過ぎなかった。そして19分にゴールが訪れる。フランス代表は非常に賢いプレーでアスレティックDFサン・ホセのGKへのバックパスのミスを突きネットを揺らした。

ベンゼマは今シーズン出場した公式戦5試合全てでゴールを決めている。

それからはマドリディスタ最高の時間帯となった。22分のアスレティックGKイライソスのセーブでコーナーへ逃げられたクリスティアーノ・ロナウドのボレーや、28分のわずかに枠を逸れるもペナルティエリア外からのクロースの素晴らしいシュートで2点目を決めるところだった。

そこからは観衆によって刺激され、アスレティックの動きも活発になり、ハーフタイム前にはあらゆることが起こる可能性があった。41分、ナバスがアドゥリスのヘッドをセーブすると、その1分後にはレアル・マドリードのスペクタクルなカウンターからのコバチッチの至近距離からのシュートをイライソスがストップするという、両GKのスーパーセーブがあった。

アスレティックの同点ゴール
後半初めは状況が非常に異なった。序盤の派手でハイテンポなプレーはより多くのファールを生むハードな試合にした。アスレティックは前線からプレスをかけよりチャンスを作り、50分のアドゥリスのエリア外からのシュートはナバスに新たな反射神経を証明することを余儀なくさせた。しかしレアル・マドリードGKは67分のサビン・マリーノのヘッドに対しては、同じようにセーブすることはできなかった。

即座のリアクション
残り20分を切る少し前に同点となったが、ホームチームの喜びもわずか3分しか続かなかった。右サイドでモドリッチのパスを受けたイスコが完璧なクロスを入れ、ベンゼマが1-2とするゴールを決めた。フランス代表FWのドブレテは現在、自身のフォームが最高の瞬間にあることを再び強調することとなった。

試合は再びレアル・マドリードがリードするも、アスレティックは再び同点にする努力を止めることはなかった。74分、アドゥリスがボレーを試みるも、ナバスが最上のリアクションを見せその答えは同じだった。それから試合終了までロス・ブランコスは自身の堅固さを見せつけ、サン・マメスで苦労しての勝ち点3を手に入れた。

検索